カテゴリー
PHIの教育論 受験準備

いよいよ明日がテスト!そんなとき何をやればいい?

大逆転続出の教育法!SAPIX,四谷大塚,日能研,早稲アカからの大逆転合格多数!

《ただ今キャンペーン実施中!》
蘇我教室
学習法診断:無料受付中!

西船橋教室
新規開校説明会!
学習法診断:無料受付中

「もう明日がテストだけど何をやっていいかわからない!」そんな質問にお答え致します。

終わり切っていないなら少しでも進める

これは入試ではなく,定期テストを控えている場合です。

もし勉強が全然終わっていなければ,少しでも勉強しておく単元を増やしておいた方がいいのは確かです。

例えばまだワークを一周していないといった状況。

こういう時はやっていない所をやるしかないでしょう。

テストに出るかも知れませんからね。

入試前日の場合は何をすればいい?


入試の場合は範囲試験ではありません。

よって何が出るかわかりませんので,前日は今まで勉強してきたものを見るだけでOK

不安に駆られて新しく問題を解き始めると,解けない問題に当たった時にさらに不安をかきたてられます。

テスト直前の不安は諦めや絶望につながるので避けた方がいいでしょう。

全部満点を取れれば理想ですが,なかなかそういう人もいないので,すでに解いたものを一通り見直しておく方が自信につながります

また,まとめを見直すというのは記憶の再生になります

記憶というのは,再生回数が多い程定着しやすく,思い出しやすくなります。

そのため,今まで勉強してきたものを見るだけで,記憶を呼び起こし,再生する事になるのでテストの時に思い出しやすくなります。

さらに,見直しは実際に問題を解くわけではないのに,解いた時の事を思い出せますから,非常に短い時間で復習ができます。

つまり多くの復習が短時間で行えるという事です。

よってテスト直前にやるべき事は,下手に色々な問題を解くよりも,今までやってきたものをサッと見直していくので十分なのです。

まとめが強い子は入試直前に強い

《注意》
ここから先は,現在受験生の子には間に合わないお話です。
まだ受験生ではない子がいる場合のみお読み下さい。

入試直前に今までまとめたものを見ると効果的だということは,入試直前に効果が出るまとめをしている子が強いという事になります。

もし今までろくにまとめていない子は,テストの直前に今までのものを見ても大して効果はあがりません。

そこで重要になってくるのが,テスト直前に効果をあげるまとめのやり方になります。

PHIでは勉強のやり方,特にまとめに力を入れています。

単に綺麗なまとめをしている子はダメ。

効率を重視したまとめです。

効率というのは時間をかけないという意味ではなく,PHIのまとめは時間はかなりかけます。

しかし,その一回のまとめで覚えられる量がぐんと増え,また,見なおした時に復習しやすくなります。

1週間後と1カ月後,半年後に復習すれば記憶の定着はよくなりますが,次の一週間にはまた新しい事が出てきます。

1カ月後,さらに半年後となればやる事が膨大に膨れ上がり,結局理論的には覚えやすくても現実的ではなくなります。

しかしPHIのまとめ方を用いれば,一回で定着する量も時間も増え,普通に覚えるよりも長く記憶していられます

さらに,復習のしやすさも考慮しているので,一瞬パッと見ただけで,その内容が思い出せるようになっています。

実際PHIの子のノートは,いつどこに何のまとめをしたかを覚えている子が多く,以前のノートをパッと引き出してきます。

そのため,テスト前の確認も,1つのまとめにつき1~5秒程度で完了できます。

これがどれだけ驚異的な速さかは実際に経験しないとわかりません。

初めて見た人は「本当に復習しているの?」というぐらい超スピードで完了していきます。

それゆえ,学習内容が増えて行ってもオーバーフローせずに回せるのです。

よく「元から頭がよかったんじゃないの?」と言われますが,この方法は最新の脳科学を活用した手法なので,学習障害や精神障害など,普通の学習ができない子ではなければ誰でも習得できます。

これから受験生になる子なら,このようにまとめのやり方まで意識しておくと,受験前日まで力を引き出すことができるようになりますよ(^^)/

 ⇒ 最新脳科学を活用した効果的な勉強法を大公開!今の保護者世代で常識だった暗記,単語の覚え方はもう古い!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

本気で現状を変えたい方へ

本気で現状を変えたい方へ

PHIは以下の状況に強い塾です。
・志望校に届かない。
・成績が伸びない。
・クラスが落ちた。
・勉強のやり方を学んで欲しい。
・将来を見据えた考える力を養いたい。
「今のままではいけない!」と思う方は,まず「学習法診断」にてご相談下さい。あなたのお子様がなぜ伸びないのか,どうすれば伸びるのか,全てハッキリします。

PHI設置の教場指導
  ⇒蘇我教室
  ⇒西船橋教室
家庭教師 プレミアム ※個人契約
遠隔指導
出張指導
不登校支援事業

作成者: Kazumasa Kirikae

東京,千葉,埼玉を中心に独自の教育論,常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾,家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し,子供たちへ勉強のやり方の指導を初め,親への接し方の指導,セミナー活動,高校や大学での指導,塾や学校の先生などの教育者に対する指導,動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。