中学受験で自立学習は無理?自立学習させる方法と注意点

中学受験で自立学習は無理?自立学習させる方法と注意点

先日は中学受験をご希望の方と面談を致しました。非常にお子様の事をよくお考えになって悩んでいる様子が伺えました。

その話の中で出てきた1つが,中学受験で自立学習ができるかどうか?というテーマ。経験がある方も多いと思いますが,中学受験を親が教えようとすると,親もヘトヘトになるんですよね。そのため,自立学習で中学受験という理想を描く方も多いはずです。

先日もお話しした通り,中学受験の塾は基本的に管理学習です。やるものも何もかにも決まっていて,ただそれをこなしていきさえすれば合格に近づけるというものです。

正直なところ,PHIも中学受験に関しては管理学習です。本質的な自立を目指させて学習をさせますが,中学受験には高校受験にはない独特な世界があるため,どうしても管理は必要となってしまうのです。

その理由の1つが小学校では習わない内容

ある程度のレベルの中学受験となると,とても小学校でやっている内容だけでは太刀打ちできません。習った部分の応用とかそういうレベルの問題ではないのです。これは高校受験とは大きな違いです。

学校ごとの傾向の違い

中学受験高校受験とは違い,統一テストと言うものがありません。それぞれの学校がそれぞれの問題を作成します。そのため,学校ごとに傾向がバラバラと異なって来るのです。この分析を子供自らにさせて,その傾向に合わせた学習をするのは,さすがに小学生だけでは難しいでしょう。中学生でもしっかりとしつけて訓練していかなければそこまでできるようにはなりませんから。

誘惑からの脱却

地域によっては中学受験が当たり前という地域も存在しますが,全員が全員,絶対に受験生となるわけではありません。高校受験に関してはごく一部の子供たちを除いて,基本的にはほとんどの子が高校受験という環境に身を置きます。この雰囲気の差というのは小学生にとってはとても重く,「私だけ」という思いを生んでしまいがちです。

大きいものとして3つの例をあげましたが,これらはたった1つとて小学生に自立を求めるにも難しいものになります。そのため,どうしても管理という補助が必要となってしまうのです。

ちなみにPHIでは他の塾同様,ガンガン引っ張って進めて行く事ともできます。しかし子どもがついてくる気がないのに引っ張りあげるのは私の本意ではありません。たとえ中学受験であっても,最低限子どもが「勉強したいから中学受験をするんだ。」という気持ちであって欲しいと思っています。

進め方も独特で,一般的にはあれこれ色々な分野や単元を混ぜながら勉強させていく事が多いのですが,PHIでは本人のペースに合わせてじっくりと1つ1つの単元を取り組みます

よく「間に合いますか?」と聞かれるのですが,正直な所,間に合うかどうかなんてわかりません。ある程度様子から見込みは立てますし,指導プランも日々調整していますが,やはり変更が余儀なくされる事は当たり前。

ただ大人の事情で焦らせて,子どもが勉強を嫌いになってしまっては本末転倒だという思いが念頭にあります。それゆえ,本人に気付かれないように裏である程度は誘導するようにはしますが,基本的には本人の意思を尊重する形で進めていきます。

PHIはこれにより,極力親がついて教える必要のない自立学習を目指しています。実際,ご兄弟ですでに中学受験を経験済みの方からは,多くの方から負担が全然違って楽だったというお話を頂けますので,やはりうまくやれば親の負担を減らした自立学習で中学受験をすることも可能だ,ということです。直接教えていて限界だと感じた方は,なるべく早くPHIへご連絡下さい。早ければ早い程,受験に自立学習が間に合う確率が上がります

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪