カテゴリー
PHIの教育論

子供の興味を育てる失敗しない会話術:1番,を使う

大逆転続出の教育法!SAPIX,四谷大塚,日能研,早稲アカからの大逆転合格多数!

《ただ今キャンペーン実施中!》
蘇我教室
学習法診断:無料受付中!

西船橋教室
プレオープン説明会
学習法診断:無料受付中

日々の会話の中でも、「一番」の話題はよく出てくると思います。

しかし二番目はあまり話題になりません

そのため、一番は知っているけれど、2番は知らないということがよくあります。

例えば日本で2番目に高い山はご存知ですか?

受験では大体3位くらいまで、つまりトップ3くらいまては知っておくと便利です。

そこで子どもに意識させる方法を一つ紹介します。

これは実際に指導で行った時のノートです。

子ども達が会話していた中で,ファーウェイの話から中国の話になり,人口の話になった時に,「人口が世界で一番多いのは中国」というのが出てきました。

そこで,「2番目は?」と振ってみたのです。

中学受験の子は知っているので,まだやっていない子に考えさせるため,答えを言わないようにしてもらい,調べてもらいました。

調べると大体ランキングで載っているので,3番目までは勝手に調べてきています。

そしてこれは指示していませんが,世界で人口が少ない国ランキングもついでに調べてきました。

自分で世界を広げたのは立派ですね。

このように,1番ネタは子どもが好きなので,割と勝手に食いつきます

そこに「2番は?」というネタを放り込むと,これにも食いつきやすいのです。

このように話題を広げるだけで,子どもは地理のランキングに抵抗がなくなりますよ(^^)/

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

本気で現状を変えたい方へ

本気で現状を変えたい方へ

PHIは以下の状況に強い塾です。
・志望校に届かない。
・成績が伸びない。
・クラスが落ちた。
・勉強のやり方を学んで欲しい。
・将来を見据えた考える力を養いたい。
「今のままではいけない!」と思う方は,まず「学習法診断」にてご相談下さい。あなたのお子様がなぜ伸びないのか,どうすれば伸びるのか,全てハッキリします。

PHI設置の教場指導
  ⇒蘇我教室
  ⇒西船橋教室
家庭教師 プレミアム ※個人契約
遠隔指導
出張指導
不登校支援事業

作成者: Kazumasa Kirikae

東京,千葉,埼玉を中心に独自の教育論,常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾,家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し,子供たちへ勉強のやり方の指導を初め,親への接し方の指導,セミナー活動,高校や大学での指導,塾や学校の先生などの教育者に対する指導,動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。