産まれたばかりの赤ちゃんが学んでいること

産まれたばかりの赤ちゃんが学んでいること

産まれたばかりの赤ちゃんは言葉を知らない。

ルールも知らない。

わかるのは,嫌か,嫌じゃないかだけ。

何に対してかはわからないけれど,嫌ならなく,嫌じゃなければ寝る。

ただその繰り返し。

でも徐々に状況を理解してくる。

だから沐浴(お風呂に入れる)するときも,嫌じゃないとわかると泣かなくなる。

おむつを替える時も,交換しようとすると泣き止む。

お腹がすいたときも,おっぱいをあげようとすると泣き止む。

何度か経験するうちに,この後解決されることが予想出来てくる。

だから泣かなくなる。

親は一生懸命声をかけるけれど,聞いて理解して泣き止んでいるわけではない。

状況を理解するから泣かなくなる。

ところが言葉を覚えると,親も子も言葉で伝えようとするようになる。

しかし子どもと親の言葉の解釈は違う。

だから通じない。

何度言ってもわからない。

通じないからイライラする。

でもいけないのは言葉でも伝え方でもなく,言葉に頼ろうとするから。

産まれた時から経験で学んでいたのに,言葉を優先させるから。

いくら成長しても,言葉よりも経験の方が大切なのは変わらないのに。

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪