電流の授業:蘇我

電流の授業:蘇我

今日は蘇我の子に電流の授業をやりました。
なかなか式や比だけでは理解できてない単元ですが、それもそのはず。
イメージが出来ないのです。
よく川の流れだ、滝の高さだというイメージの仕方を教わりますが、それだと辻褄が合わない場所が出てきて、そこに来たときに詰まる。
と言うことで、PHIではそもそも電流とは何なのか。
電流が流れるとはどういう事が。
電流と電圧の関係はなぜああなるのか。

といった根本的な所から指導してしまいます。
その内容は高校生、大学生レベルの話ですが、子供の方から聞いてくるのです。

「何で電流計は直列で、電圧計は並列なの?」
「どうして電流が流れすぎると壊れるの?」

これらは中学受験、高校受験のテキストレベルでは説明できません。
でもPHIではそれを説明してしまいます。

だからこんな問題も出してみましたが、しっかり答えられました。

「電圧計がない時、電流計を変わりに用いる事ができる。その方法は?」

みなさんはわかりますか?
電流計、電圧計の原理がわかっていれば大したことありません。
ヒントはこのノートの写真です(^^)

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪