2019年5月

1/2ページ

内角の和はなぜー2なのかで白熱!

多角形の内角の和の求め方。みなさんご存知でしょうか。これは中学受験ではもちろん,高校受験でも必須の内容。そのため聞いたことはあるという人も多いと思いますし,子どもに教えたという方も多いでしょう。 しかし中学受験の場合,ほとんどの子が「覚えろ!」と教えられてしまっているのが実情。テキストにも「公式」と書かれることは多く,覚えるものだという位置づけになっていることが多いのです。 そんな公式をめぐって小 […]

苦手な理系を克服して学年6位を取った方法

PHIで学んだ卒業生が高校生になり,成績表を見せてくれました。数学が320人中学年6位!偏差値69!(≧▽≦) この子は小学生の時から教えているのですが,その時の理系はほんと酷かった(笑)比は全くわかっておらず,分数の計算すら怪しい。図形は全くイメージできず,見取り図も展開図も書けない。さらに面積の求め方や速さに関しても,あらゆるものを公式として丸暗記。 そんな状態からスタートしたので小学生の間に […]

空間図形はわからなければ作るに限る:中学受験,算数

展開したらどういう図形になるかという問題を実施したのですが,ある程度分かっていた様子。でも最後の1パーツがどうしても逆になる。そんなわけで納得がいかず,話し合いも平行線になった子ども達はすぐさま実際に作って確かめることに。 実際に作るのは時間がかかりますが,やはり実際に作ると理解度が格段に高くなりますね。同じタイプの問題はほぼ間違えません。しかもこの子は小4の時に見取り図や展開図のイメージがつかめ […]

みはじやはじきを使う子は伸びない!小6算数,速さ

小学校で速さの問題を扱うのは小6。なので5月時点ではまだ習っていない子もいますが,中学受験では速さの問題を早ければ小4,遅くとも小5までには扱ってしまいます。 PHIでは子どもに合わせて学ばせる時期を変えていますが,小5が多いですね。小5~小6にかけてSAPIXや日能研,早稲田アカデミーを始め四谷大塚系から転塾してくる子も多いのですが,まぁ速さの根本を理解していない子が多いこと。学校で初めて習った […]

場合の数が計算で解けるようになってました!中学受験

場合の数というのは,「全部で何通りあるか」というタイプの問題で,確率の前段階に当たるものです。中学に入ると確率として何分の何という形で答える問題になりますが,小学生では何通りあるかまでを答えさせる問題が中学受験で出されます。中学受験を考えなければほぼ触れることがない単元です。 そんな場合の数を先日久しぶりにやってみたのですが,しっかり覚えていました!最後にやったのは前学年の時で,その時もサラッとし […]

仁徳天皇陵が世界遺産に 中学入試に強くなる話題の広げ方

世界遺産は入試でもかなり高頻度で出題,特に中学入試においては必須と言ってもいいぐらい狙われますので,世界遺産をベースに社会の勉強を広げておくと,勉強が格段に進みやすくなります。実際に子ども達から聞かれた内容をまとめてみましょう。 絶対押さえておくべき内容 世界遺産の名前と場所。これは絶対に押さえておいて下さい。 百舌鳥・古市古墳群(もず・ふるいちこふんぐん) 大阪府堺市,羽曳野市,藤井寺市 仁徳天 […]

ノートルダム大聖堂で火災 子どもを賢くする話の広げ方

フランスのノートルダム大聖堂が火災で焼け落ちる事件がありましたね。PHIでも早速子供たちから質問が出ました。ノートルダム大聖堂は世界遺産でもありまから、割と勉強にも関連してくるネタが多くあります。しばらくニュースの話題は持ち切りとなりそうなので、耳にした時に関連付けできるようにちょっとまとめておきます。なお,わざと「あれ?」と疑問に思いやすいような書き方をしている部分もあるため,疑問に思ったところ […]

ブラックホール撮影の何が凄いの?

ブラックホールの撮影に成功したということがニュースで騒がれていますが,子どもにとってブラックホールとは「何でも吸い込む穴」程度のもの。そして時事問題でもよく宇宙関連は話題にされます。そこで「それを撮影するのがすごいことなの?」という子どもからの質問に答えるときにポイントをまとめておきましょう。 ◆ブラックホールって何? ブラックホールは太陽や月と同じ,宇宙にある天体の1つとして考えれており,その重 […]

新紙幣発行!受験で役立つ話題のまとめ

受験にどう役立つ? 2024年度を目途に紙幣と硬貨を刷新することが伝えられましたね。 この話題は入試でも時事問題でも狙われますので,押さえておいた方がいい関連事項を含めて見ておきましょう。 とはいえ保護者の方がこれを全て話す必要はありません。 知っている話題に無理せず関連付けられるものを子どもと話してみて下さい。 子どもが興味を持たなくても押し付けないように! どこか別の場所でまたこの話を聞いたと […]

「令和」を題材に子どもを賢くする話の広げ方

新元号「令和」が発表されましたね。菅義偉(すがよしひで)官房長官(額を掲げた人),安倍晋三総理大臣からも説明がありましたが,ここで子どもと話がしやすいようにまとめておきたいと思います。 まず出典は「万葉集(まんようしゅう)」という歌集。この中の「梅花歌三十二首」の説明部分にある文, 「于時初春令月 氣淑風和 梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香」 の「令」と「和」を持ってきて元号としました。「人々が美しく心 […]