中学受験で自立学習は無理?自立学習させる方法と注意点

先日は中学受験をご希望の方と面談を致しました。非常にお子様の事をよくお考えになって悩んでいる様子が伺えました。 その話の中で出てきた1つが,中学受験で自立学習ができるかどうか?というテーマ。経験がある方も多いと思いますが,中学受験を親が教えようとすると,親もヘトヘトになるんですよね。そのため,自立学習で中学受験という理想を描く方も多いはずです。 先日もお話しした通り,中学受験の塾は基本的に管理学習 (さらに…)

自立学習という名の管理学習。自立学習で本当に自立できる?

自立学習で自立できないのはなぜか? 最近は色々な塾のポップに「自立学習」が使われていますが,自立学習とは一体なんでしょう? 「自分で勉強すること」 おそらくみなこう考えていると思います。間違っているとは思いません。私もそう思います。しかし,多くの塾が掲げる「自立学習」が,本当に自立学習なのかどうか。自立学習システムの開発者とも何度か話したことがあるのですが,私は正直な所疑問を感じております。 自立 (さらに…)

中学受験は親の受験?勉強させずに勉強させる方法とは

PHIの中学受験生のノート 今回は小4の中学受験の子のノートをご紹介致しましょう。直しが見やすくしてある事がおわかりになると思います。 このノートはちゃんと色分けがされているので,どこに注目して,どう考えれば解けるのかが分かりやすく書いてあります。そして間違えた場所はどうして間違えたのかがしっかりと考えています。 このノートをPHIとは関係のない教育者の方に見てもらった所,授業のノートだと間違えら (さらに…)

中学受験の新入会生が感じた,PHIと以前の塾との違い

上の写真はPHIでの指導が初めての中学受験の2人の子が書いてくれた感想です。2人は別の塾に通っていましたが,同じタイミングでPHIへ転塾してきました。 上のコメントの女の子が今まで通っていた塾は,解法をバシバシ教えて,とにかく公式に当てはめて解いていくタイプの塾でした。PHIでは全く真逆ののんびりじっくり。特殊算という計算の問題をやったのですが,特殊算の解き方なんて教えず,あーでもないこーでもない (さらに…)

書けない子は受からない!中学受験に向けて夏に徹底させるべき勉強法

夏になりましたので,中学受験の子はすでに過去問を実施している方もいることと思います。もちろんPHIでも実施し始めています。さてその過去問ですが,過去問はただ解けばいいというものではありません。やはり実施した後にどうするかが大切になってきます。今回はその過去問の実施法についてお話し致します。 過去問を実施した時に,この時期多いのは「わからなかったから捨てた」です。過去問の実施自体が初めてでしょうし, (さらに…)

夏の勉強で合格判定20%未満を脱却する方法

いよいよ入試に向けての天王山!という訳で,PHIでも本格的に受験対策を始めております。受験戦略は塾により様々ですが,PHIの受験戦略のメインは「過去問」です。 PHIの場合,中学受験も高校受験も,ほとんど夏に,遅くとも秋には受験までに必要な学習内容を終わらせてしまいます。そのため,夏の間は単元を先行して実施するのと,入試問題にて復習をしていくのとを併用し,秋から受験まではもっぱら過去問中心に実戦演 (さらに…)

早稲田アカデミー中学受験の子の診断φ(..)

早稲田アカデミーの中学受験の子を診断して来た時の例をお話しましょう。早稲田アカデミーの場合,先生の個性が割と出るため一概に言えないのですが,この子の場合は公式集というものを作らせて,それを見ながら解かせるという手法を教えられていました。そのため角度の問題を解かせてみると,やはり公式を用いて「これかな?」という感じでよくわからないまま当てはめて解いて,1回目は不正解,2回目に別の公式に当てはめて正解 (さらに…)

大量の教材,プリントに振り回される受験生の保護者の方々へ

夏も折り返しになると親の焦りもどんどん強くなるもの。それに対して子どもの危機感は全く現れず,危機感のギャップは日増しに大きく…果たしてこんな状態で受験に間に合うのか…日々自問自答が繰り広げられていくことと思います。 不安がつのってきた時にやりがちなのが教材の積み上げ。色々な教材を出して来たり,購入してきたりして机の上が山積みに。量があるとやっていないことに不安を覚え,やろうと思っても終わらない。選 (さらに…)

中学受験生の理解度は親次第:参議院選挙って何?

参議院選挙が終わり,昨日は早速PHIでは朝から子ども達が参議院選挙の話でもちきりになりました。中学受験の小学生も中3の受験生も「今日は参議院選挙の授業でしょ?今日やらないでいつやるの?」といった感じで社会の授業を要求。特に何も指示していませんが,みんな選挙特番は見ているようで,来るなりみんなで誰がどうだったとか,何党の人が当選しただとかいう話をしていました。 そんなわけで中学受験に関わりそうな参議 (さらに…)

プロが子どもの興味を引き付ける方法とは

実際に私がよく使う方法で,比較的誰でもすぐに真似できる例を出してお話しましょう。これは小学生に算数を教えているときに,特に中学受験ならば1度は出てくるネタです。 算数のカッコの話題で引き付ける方法 小カッコが()中カッコが{}大カッコが[] ほとんどの先生や親はこのように教えてしまいます。しかし私は中カッコまでしか教えません。そこで話を打ち切ってしまいます。すると子どもの方から 「ちょっと待って先 (さらに…)