小学生の内からPHIで学んだ事による大きなアドバンテージ

小学生の内からPHIで学んだ事による大きなアドバンテージ

新学期が始まりました!

いよいよ塾業界の新学期が始まりましたね。

PHIの場合は新学期に限定せずパラパラと入ってくることが多いのですが,こういう時はやはりPHIの生徒たちの成長をハッキリと感じる事ができます。

例えば中1。

PHIは勉強のやり方を教える塾なので,最初に勉強のやり方の概要を話してから授業に入りました。

この中で小6から通っていた子が3人いるのですが,この3人と新しく入った子のノートはやはり全然異なっており,素人見でもハッキリとわかるぐらい完成度が高いものでした。

まぁこの3人もまだまだ学ぶべき事は多いのですが(笑)

一番異なっていたのはやはりノートの間の取り方

これはちょっとやそっと口で言ったぐらいでは身に付きません。

現に入ってきたばかりの子たちにも最低限の事を説明してから授業に入りましたが,やはりまだ最低限度です。

たった数ページのノートですが,見やすさは圧倒的に1年間いた子の方がいいですね。

比較のノートの写真を用意したかったところですが,このところちょっと立て込んでおり,準備不足でお見せできない事が残念です。

次に異なっていたのがノートを取る手際の良さ

入ってきたばかりの子は一生懸命先生が書いた事を写します。

当然と言えば当然です。

しかし1年以上通っている子は,必要な事をノートに書き,先生が言った事で重要な事を書きとめていました。

これもPHIで勉強していた中で身に着けた習慣ですね。

そして解き方。

実はあまり知られていないのですが,先生が教えた通りに考えて解ける子はそうそういません。

何かしら楽しようとしてオリジナルを混ぜ込んでしまうケースが多いのです。

今回の数学のケースですと線分図。

ただの正負の数なので線分図なんて書かなくてもわかると言えばわかります。

しかし今は解けるかどうかではなく,原理を確実に理解する事に意味があります。

そのため,ちゃんと線分図を使って解くのが原理を理解する上で重要なのですが,新入会生はやはり練習問題となった途端に暗算(笑)

そしてちょっと原理の本質を問う問題を与えるとつまづく。

その点,以前から通っている子はやはりさすがですね。

図を書く事に抵抗がないので,わかっている問題でもしっかり先生の真似をして解いて正解を導きました。

この先生の真似をする技術を「授業の再現能力」と言い,これが高い程,基礎定着が確実になります。

このように,小学生の内から勉強のやり方を身に着けておくと,それが当たり前になりやすく,中学の勉強がスムーズに入っていきます。

まだ初日で,これから部活も始まってくるため安心はできませんが,出だしは上々といった感じです。

勉強のやり方が整うと勉強が楽になる

このノートは小4(新小5)の子のノートです。

今日の授業のノートなのですが,これ,先生は説明していません(笑)

今までの傾向から苦手としている場所はわかるので,そこを中心に問題を選び,「この問題を解いて丸付けしたら教えて。」と言っておきました。

そして

「終わりました。」

と見せてきたのがこのノート。説明する前に間違い直しが完了してる(笑)

「どこで間違えたの?」

と聞くと,

「ここでこういう風に間違えました。」

とスラスラ返答。

正直なところ,いつもこんな感じというわけではないので,今日はおそらく気分が良かったか調子がよかったのでしょう(笑)

でもやろうと思えば小4でもこういうやり取りまでできる,という事です。

PHIに通っている子の親は見慣れているかも知れませんが,小4でこのクオリティーの直しをできる子はほとんどいません。

今まで多くの子ども達を見て来ていますが,小4どころか中学生だって放っておいたら間違えた問題は赤で答えを書くだけ

良くて解説丸写しが現状です。

大手の塾や華々しい実績を上げている塾の子でも。

美しく解かない事も勉強

もし写真をちゃんと見た方はお気づきの事と思いますので,一応誤解のないように補足させて頂きます。

この解法,めんどくさいじゃないかと思うかたもいることでしょう。

しかしご安心を。

この子は別の解法もわかった上でこの解法を使っています

理由は筆算を使いたくなかったから(笑)

ま,結果間違ってしまいましたが,そんなことはどうでもいいのです。

こんな解き方は当然解説にも載っていません。

よって解説をいくら見ても自分がどこで間違えているかなんてわからないのです。

それをちゃんとどこで間違えたか把握している。

つまり,自分の解答をちゃんと分析できているという事なのです。

解法パターンを覚えて素早く解くことも大切ですが,このようにちゃんと考えて解いていく事が,新しい問題を見た時の解決力につながっていきます。

例えばよくある「習ってないからできない!」このセリフをこういう事ができる子から聞くことはまずありません。

習っていなくても,考えればできるという経験を多く持っていますから。

決して詰め込み学習が悪いと否定している訳ではありません。

短期間に置いて完成させなければならない受験において,やはり詰め込みによる即効性は圧倒的に有利です。

正直,PHIのスタンスではいつ効果が出るかわかりません。

しかし,合格時に満開になって一瞬で散っていくよりも,遅咲きの方が長く咲いて,効果も出やすいのです。

どれがいいかというのは,単純にどういうスタンスで勉強させたいか,それだけです。

ただ,もうすでに丸暗記の限界が見えている子,詰め込みによる弊害が出ている子をそのまま無理矢理しがみついて続けさせるのは,親のエゴでしかないと思います。

どんなに粘っても,今既に遅れを取っているものを,同じ手法で追い上げようとしても,それで追い上げられるなら,今既に遅れを取っていないハズです。

追い上げることができる方法はただ一つ。

やり方を変えること。

どんなやり方が伸びるのかわからない場合は,学習法診断をお申し込み下さい(^^)/

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪