川口の出張指導:とうきびチョコ

埼玉県川口市の中学受験の出張指導に行ってきました。そこで北海道のお土産,トウキビチョコを頂いたので,トウキビチョコから授業がスタート。まず子どもが「とうきびって何?サトウキビと一緒?」と聞いてきたので,トウキビとサトウキビの漢字を調べさせました。 サトウキビ:砂糖黍とうきび:唐黍とうもろこし:玉蜀黍 若干違うんですね。すると,「黍(きび)」の字に着目して,「黍は一緒なんだね。でも黍ってなに?」と質 (さらに…)

子育てが楽になるつぶやき集

「いつまで待っても勉強しない」のではなく「いつまでたっても夢中」なのです。テレビでもゲームでも携帯でも。何かに夢中だから勉強しないのです。テレビやゲームや携帯のように、夢中になれる制限をつけてあげましたか?「勉強は一日一時間まで!」とか、「やり過ぎはよくないよ!」とか。 「子どもが新聞を読んでくれないんです。」と相談に来るご家庭は、大抵親も新聞を読んでいません。 中学受験をした方がいいかどうか。そ (さらに…)

梅雨の日:子どもを賢くする声掛け

この時期に「今日も雨だね」というだけじゃなくて,「梅雨の季節になったね」と言うだけで子どもの感性が育ちます。天気図を見せて梅雨前線を意識させておくだけで,気象への関心や理解度が高くなっていきます。 (さらに…)

源氏も平氏も元は天皇家なのに…

源氏も平氏も元々天皇家だったんだけど,そこを知らない人が結構いる。だから平将門が突然発狂して,平清盛がこの世は俺のものだ!とか言いだして,初登場の源頼朝が将門と清盛を倒す,なんて訳のわからない歴史になる。  ⇒ 何で源氏と平氏は争ったの? (さらに…)

空間図形はわからなければ作るに限る:中学受験,算数

展開したらどういう図形になるかという問題を実施したのですが,ある程度分かっていた様子。でも最後の1パーツがどうしても逆になる。そんなわけで納得がいかず,話し合いも平行線になった子ども達はすぐさま実際に作って確かめることに。 実際に作るのは時間がかかりますが,やはり実際に作ると理解度が格段に高くなりますね。同じタイプの問題はほぼ間違えません。しかもこの子は小4の時に見取り図や展開図のイメージがつかめ (さらに…)