PHIの教育論

1/50ページ

ダイヤグラムの問題を旅人算で解く子は伸びない

旅人算ができることの弊害 大抵の塾では旅人算はダイヤグラムを習う前に習います。 そのため,ダイヤグラムの問題が出てきたときに,ダイヤグラムを読み取りのみの資料として使い,解く時に用いない子が出てきます。 実際旅人算として解けてしまいますからね。 ところがダイヤグラムを旅人算として解けても,ダイヤグラムを使いこなせないと結局その先で詰まってしまうのです。 ダイヤグラムは図形問題 ダイヤグラムは確かに […]

後回しにする子ほど成績が上がらない法則

エメットの法則 1.タスクを行なうことへの不安は,タスクの実行そのものより,多くの時間とエネルギーを消耗する。 2.完璧主義こそ、先送りグセの原因である。 要するに,勉強をするよりも,勉強をどうするか,どうやったら成績が上がるか,どうやったら合格できるかといったことを考える方に時間も労力も取られている。 万全な状態で始めようとするからいつまでたっても始められない。 ということです。 大切なのはあれ […]

基本を繰り返すことで応用はできるようになるのか?(学習法診断)

基本とはどのような基本か,による 基本にも様々な種類があります。 簡単な問題という意味での基本。 知識さえあれば解けるという意味での基本。 用語が比較的簡単という意味での基本。 学年でいうところの全学年に当たる内容という意味での基本。 そして根本原理を問う基本。 実はほとんどの参考書や問題集は,単純に簡単な問題を基本と位置付けています。 つまり,入試や模試などで正答率が高い問題ですね。 しかし,そ […]

気孔は葉の裏に多い,は嘘。

気孔が葉の裏に多い,は暗記ではない 先日の学習法診断で,「気孔は葉の表と裏,どちらに多いか」という問題を間違えていた子がいました。 親は子どもの勉強に一緒に付き合っており,植物の単元も自分が勉強して教えているとのことでした。 そのため,気孔の問題についても「気孔は葉の裏に多い,と教えたのに覚えられない」とおっしゃっていました。 そこでお子様にも話を聞いてみると,やはり「覚えなきゃとは思うけど,どっ […]

どれだけ時間があっても終わらない法則

パーキンソンの法則 第1法則仕事の量は,完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する 第2法則支出の額は,収入の額に達するまで膨張する 要するに,どれだけ時間が与えられていたとしても,勉強の量はその時間に合わせていくらでも増える,ということ。 また,どれだけ時間が与えられていたとしても,遊びの量はその時間に合わせていくらでも増える,とも言えます。 そして使う時間は,与えられた時間全てを使う […]

光はなぜ反射や屈折をする?

受験にどう役立つ? 光は鏡で反射して,ガラスや水で屈折する,そう覚えている人も多いことでしょう。 しかしそもそもなぜ反射や屈折をするのか,それは教えられません。 そのため,反射の仕方や曲がり方は暗記するしかないと思っている子が多いのですが,これも理屈がわかれば暗記しなくても解ける問題ばかりです。 光とは? 光についてはわかっていないことが多いのですが,粒子としての性質と波としての性質を併せ持つこと […]

物量作戦とは対なる中学入試攻略法

今日の小学生の授業。 これは旅人算と呼ばれる特殊算の授業です。 中学受験をする子なら,この程度の問題はパッと解けることでしょう。 レベル的にも中学受験の標準レベルぐらいの問題です。 でも今日解いているこの子,実は特に中学受験をする訳ではないので特殊算を知らないのです。 当然解き方も知りません。 教えてもいません。 先生は本人がギブアップするか,煮詰まっている時にヒントをあげるだけです。 よく塾の先 […]

水の音の違いに気付くゆとり

水は注ぐときの温度によって音が変わる。 温かくなると高い音が出て, 冷たくなると低い音が出る。 これは温かくなると柔らかくなり, 冷たくなると硬くなるから。 雨の音も,暖かい雨と冷たい雨で音が違う。 温かい雨は密度が低くなるから優しい小さな音になり, 冷たい雨は密度が高くなるから硬い大きな音になる。 雨の音だけで,音の高さも,温度の違いによる密度の違いも,暖かくなると膨張することも,今の気象も学べ […]

新型コロナのデータによるメディアのあおり方を分析する

受験にどう役立つ? 受験では資料の読み取り技術も問われます。 しかし現在メディアに出される資料は視覚効果や印象付けを駆使して,メディアが伝えたいことが伝わるように表現され,あたかもメディアの主張が正しいかのような証拠としての出し方をされることが多いため,データから自分の考えを持てるようには作られていません。 しかし,PISA型の試験を始め,今後の学力の課題は教えられたことを覚えるのではなく,自分で […]

サピックスの年号並び替え:丸暗記していなくても解ける指導例

受験にどう役立つ? 年号並び替えは受験でもよく出る問題の1つ。 一見年号を覚えていないと解けないように見えますが,丸暗記していなくても解けてしまうのです。 そんな解き方の例を実際の指導例から紹介致します。 問題 解答:F⇒C⇒B⇒E⇒D⇒G⇒A⇒H A:慶安の御触書 Aは文章から,百姓に向けた指示だとわかります。百姓に向けた指示ということは,米を必要としていた時代とわかり,百姓にまで指示を出すレベ […]

1 50