ただ今無料キャンペーン中!

PHIの指導実況ブログ

1/9ページ

発言からわかる,伸びる子と伸びない子の差!

「がり勉=頭がいい」は古い! 「学力が高い子はずーっと勉強してる,いわゆるガリ勉タイプに違いない。」 そんな一昔前のイメージはだんだん薄れてきて,最近は普通にしている子でも学力が高い子が出始めています。 さて,同じように遊んで,同じように勉強しているはずなのに,この差はどこから来るのでしょうか? 結論から言ってしまいますと,学力の高い子とそうでない子の差は,ゲームやスマホなどの遊びに対する意識の差 […]

意外!?「勉強禁止令」でどんどん伸びる子育て法!

ご質問 「なぜPHIの子は勉強するのか?」 先日塾に見学にいらした教育者の方から質問を受けました。 その方は他の塾も多数見てきているのですが,PHIの子供達は勉強に対する姿勢がまるで違うとおっしゃっていました。 その方が塾を見学して得た結論は, 「勉強させようとしないから勝手に勉強する。」 というものでした。 果たしてどういう事でしょうか。 保護者でも簡単にできる 実はこの方法,とても簡単なので保 […]

PHIの卒業生の学習クォリティ

これは昨年卒業した高1が,入学前に出された課題をやった一部分をピックアップしたものです。 何人かの卒業生が終わった課題を見せてくれましたが,みんなPHIで教えられてきた勉強のやり方を自然と出来ていました。 本人たちはそれが当たり前となってしまっているのですが,やはり高校の先生の評価は高かったようで,みんな課題の評価は一番良かったとの事でした。 高校生になってもこのように学んだ事を続けてくれるのは嬉 […]

簡単な問題が解けないからバカだとは限らない(学習法診断紹介)

漢文:なぜレ点,一二点という簡単なものがわからないのか 学習法診断でお話した内容をちょこっとご紹介。 漢文のレ点,一二点というのを覚えているでしょうか。 この仕組みは非常に単純で, レ点があるときは先に下の字を読んでから上に戻る。一二点があるときは,一の字を読んだ後に二の字へ移動する。 ただこのルール通りに読んでいくだけです。 非常に単純なルールなのですが,なぜかできない子がいるのです。 こんな単 […]

ブルーインパルスから流水算を学ぶ

受験にどう役立つ? ブルーインパルス自体は問題になりません。 しかし一度ブルーインパルスを見ると,飛行機やその技術に魅了される子が多いのです。 今回は五輪の輪を描く訓練の様子ですが,これがいかに難しいことか。 それが分かると物理学の運動の原理が見えてきます。 分野的には航空力学になるのでちょっと難しいのですが,まぁ流水算と同じです。 また,飛行機ネタには気象も関係してきますので,気象の原理も学ぶこ […]

日々の天気予報は最良の気象学習ツール

PHIでは日頃から天気図を話題にして今後の天気の予測,天気の原理を学んでいますが,先日はなかなか典型的な天気図になっていたのでちょっと紹介。 この天気図は非常に見やすいですね。 左上に大きな高気圧があり,日本列島に低気圧。 そして右側に高気圧があり,日本列島の下に停滞前線があります。 さて,この天気図はどう動くと思いますか? この日の予想天気図はこんな感じ。 北西にあった高気圧が東へ移動してきて, […]

市立稲毛中(2020年):入試問題講評

適性検査Ⅰ ウミガメとプラスチック問題,レジ袋にマイクロプラスチック。 いずれもPHIで子ども達が話していた話題がそのまま出ていましたね。  ⇒ ウミガメとプラスチック問題を取り上げた時事問題 そして訪日外国人と人口,道の駅も話題にしていました。 特に外国人受け入れに関する問題点は色々と話していたのでそのままでしたね。  ⇒ 外国人を話題にしたときの時事問題(12月)   外国人を話題にしたときの […]

なぜ母線×半径×3.14なのか。公式を知っていても円錐を作れない

覚える公式の危うさ 大手の塾では「覚えろ」と言われるこの公式。 円錐の側面積の求め方ですね。 【円錐の側面積の求め方】   母線×底面の半径×3.14 確かにこの公式を覚えておけば側面積を即答できるため,圧倒的に有利なのですが,それは覚えていられる間の話。 もし忘れたり混乱したりすると,求められなくなってしまうのです。 そこで押さえておきたいのが,展開図のおうぎ形の弧の長さと底面の演習の長さが等し […]

昭和秀英中(2020年):入試問題講評,算数

昭和秀英中の第1回,算数の問題の講評をちょこっと。 小4,小5の子向けにどういう方針で勉強をしておけばいいかの大方針を示しておきます。 大問1 (1)~(3)は大したことないので,分数さえやっていれば解けるでしょう。 (4)はなかなか見ないタイプで面白かったですね。赤玉20個と白玉30個を並べたときに,異なる色が隣り合う箇所は何個かという問題です。書いてみれば大したことないのですが,書けないと詰ま […]

ニュートン算も初見で解ける!

ニュートン算ってなに? 特殊算の最高峰とも言えるニュートン算。 ポンプや入場口,羊の問題が有名で,減らしていく傍らから増えていく,という特殊算です。 知らなきゃ解けないと言って,解法を覚えさせている塾も結構あります。 まぁ実際知っている方が早く解けてしまいますからね。 しかし,解法の丸暗記だと忘れたときに解けなくなります。 小4ではキツイかも知れませんが,いくつかの特殊算を経験した小5くらいからは […]

1 9