つぶやき

1/5ページ

後回しにする子ほど成績が上がらない法則

エメットの法則 1.タスクを行なうことへの不安は,タスクの実行そのものより,多くの時間とエネルギーを消耗する。 2.完璧主義こそ、先送りグセの原因である。 要するに,勉強をするよりも,勉強をどうするか,どうやったら成績が上がるか,どうやったら合格できるかといったことを考える方に時間も労力も取られている。 万全な状態で始めようとするからいつまでたっても始められない。 ということです。 大切なのはあれ […]

どれだけ時間があっても終わらない法則

パーキンソンの法則 第1法則仕事の量は,完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する 第2法則支出の額は,収入の額に達するまで膨張する 要するに,どれだけ時間が与えられていたとしても,勉強の量はその時間に合わせていくらでも増える,ということ。 また,どれだけ時間が与えられていたとしても,遊びの量はその時間に合わせていくらでも増える,とも言えます。 そして使う時間は,与えられた時間全てを使う […]

水の音の違いに気付くゆとり

水は注ぐときの温度によって音が変わる。 温かくなると高い音が出て, 冷たくなると低い音が出る。 これは温かくなると柔らかくなり, 冷たくなると硬くなるから。 雨の音も,暖かい雨と冷たい雨で音が違う。 温かい雨は密度が低くなるから優しい小さな音になり, 冷たい雨は密度が高くなるから硬い大きな音になる。 雨の音だけで,音の高さも,温度の違いによる密度の違いも,暖かくなると膨張することも,今の気象も学べ […]

新型コロナで露呈した意識の差と伸びる能力

新型コロナで学校が休校となり,ずーっと家にいることになった。 その時間を何に使うか。 地域によって大きな差が出てる。 都心に近い子。 受験熱の高い地域の子。 教育熱心な家庭の子。 これらの子は朝から晩まで勉強している。 オンラインの授業をつけたり,家庭教師をつけたりして,子どもを勉強させている。 親が仕事を休んで勉強につきっきりになっている家もある。 日中遊びに行かせている家もある。 小さい子の面 […]

言葉は50音ではない

日本語は50音。 しかしその内,「ゐ」と「ゑ」の発音と文字は事実上消滅。 文字すら知らない子どもも多い。 でもその昔,50音に定められた時にはこの文字も発音も存在していた。 単に教えるという都合上,体系化され,消失した。 さらに昔,古典と呼ばれるような時代には,もっと複雑な発音が存在した。 「てふてふ」で「ちょうちょう」 「けふ」で「きょう」 と習うが,実際に発音は今の50音とは異なる発音だった。 […]

赤ちゃんの笑顔

赤ちゃんが初めて声を出して笑った。 その笑い方は,親が笑ったのを見て真似したもの。 親がアハハと笑えば,反射で赤ちゃんもアハハと笑う。 ニッコリすれば,ニッコリする。 まだ笑うとはどういうことか,楽しいとは何なのか,そんな意識もない中で,親が笑った時を,気分が良くなった時を,楽しいとして認識していく。 だから,親が笑わなければ,子どもも笑わない。 笑いかけてあげないと,笑う練習をしない。 笑い方も […]

安定感

赤ちゃんは安定を求める。 安定感が安心感を与える。 しっかり抱いて,しっかり見て,その安定感が安心感になる。 不安定になると,赤ちゃんは泣く。 子どもも安定感が安心感につながる。 安定していると,安心してのびのび育つ。 親が安定しているだけで,子どもは大きく伸びる。 (さらに…)

受験の本物の勝者

コロナ騒ぎで入試もままならない状況だった方もいらっしゃいましたが,やっと入試が全部終わりましたね。 お疲れ様でした。 とりあえず進路は決まったことと思います。 今までも何度もお話ししていますが,入試はゴールではありません。 不合格だったからと言ってそれで人生が終わるわけではありません。 大切なのはその進学先でどうするかです。 進学先に向けて前向きに頑張れないようでは,そんな心持ちだったから落ちたと […]

反抗期の子供が欲しいもの

さて質問です。 あなたは今日何回笑顔になりましたか? そんなのいちいち数えていませんよね(笑) 何回かなぁって考えられる人は問題なしです。 問題なのは『笑顔になってない…。』ってゼロがハッキリしてしまう人。 幸せの度合いは笑顔の数で決まります。 よく笑う人,幸せに見えますよね? 思い返して見れば,笑ってる時間こそが幸せの時間だと気付くはずです。 そして不思議な事に,笑顔は幸せだと錯覚もさせるのです […]

1 5