ただ今無料キャンペーン中!

つぶやき

1/3ページ

大手では気付けない「常習犯」が「学習犯」になる理由(学習法診断)

常習犯とは 正しくは「常習犯」ですが,それを「学習犯」と書いていました。 単純に「常」と「学」を間違えただけとはいえ,ちょっと気になる(笑) 「常習犯」というと,悪いことを繰り返し行う犯人ことを指し,「常習」といえば,悪いことを繰り返し行うことを指します。 「常習」だけで悪いことという意味が含まれているんですね。 「常に習慣的に行う」という意味からですね。 それに対して,「学習」は大辞林にこうあり […]

初めてのコミュニケーション

生まれたばかりの赤ちゃんは,コミュニケーションというものを知らない。 ただ反射で行動する。 自分の泣き声もわからないし,手足の感覚だってわからない。 見えるものもなんだかわからないし,何もかにも全くわからない。 そんなわからないことだらけの中,ある時突然自分の声に気付く。 泣いているときではなく,落ち着いているときに出る自分の出している声,クーイング。 自分のクーイングに自分で驚く。 何度も出して […]

愛情表現

愛情表現の仕方は人や文化により様々。 抱きしめることで愛情表現する人。 笑いかけることで愛情表現する人。 厳しくすることで愛情表現する人。 キスで愛情表現する人。 褒めることで愛情表現する人。 贈り物をすることで愛情表現する人。 みんな様々な方法で愛情表現をする。 でも赤ちゃんの時は愛情表現の仕方を知らない。 知らないから,ただ見て,ただ感じる。 守られてると感じたときに,これが愛情なのだと,経験 […]

寄り道

不合格ってそんなにいけないこと? 合格出来ないと人生終わり? 不合格の先には道がないの? 合格すれば本当に安泰? あなたが目指していたのは合格じゃないはず。 ちょっと道が変わっただけ。 寄り道するから発見できる世界もある。 合格でも不合格でも、目的地はかわらない。 合格度外視は理想論か現実論か。失敗実例の紹介。 (さらに…)

言葉を話すようになったことによる弊害

親は、子どもが赤ちゃんの時は、どうしてあげたら泣き止むか、なんで泣いているのか一生懸命考える。 お腹すいたかな喉が乾いたかなトイレかな わずかな子どもの様子の違いを見て、赤ちゃんが泣かなくて済むように考えてあげる。 あんなに子どもと向き合って、あんなに子どもの事をよく見てあげていたのに、子どもが成長すると、子どもに向き合ってあげられなくなる。 あれしなさいこれしなさいなんで勉強しないの 赤ちゃんの […]

親が偉い理由

「親だから」 とか 「親に対して」 とか 先が見える分、親の方が判断や考え方が正しいのはよくわかる。 だからといって親が偉いわけじゃない。 あなたが親になれたのは、子どもが生まれてきてくれたから。 子どもが生まれてきてくれなければ、あなたは親になれなかった。 親というだけで偉そうにする理由にはならない。 親が偉い理由をもう1度よく思い出して。 (さらに…)

朝の大切さ

朝、時間に追われて子供を怒鳴り散らしていると、子供は朝起きてこなくなる。 その日始まることが憂鬱になる。 朝が楽しいと子供は一日楽しくなる。 朝起きて来ることが楽しくなる。 例えばクリスマス。プレゼントを楽しみに子供は早く起きる。 旅行や外出の日。朝早くからテンションが上がる。 楽しいことがある日は朝から気分が良くなる。 朝が楽しい気分で始まると、その日は一日楽しくなる。 楽しくないことが起きても […]

名前を取って考える

あなたが子どもに行って欲しいと思う学校の,学校名を取って考えてみましょう。 その学校でどのような学校生活を送っていますか? どのようなことを学んでいますか? どう成長していますか? 学校名,偏差値,場所。 これらのブランド価値を取り払って残ったイメージ。 それが合格を引き寄せます。 それが子どもの価値を育ててくれます。 (さらに…)

産まれたばかりの赤ちゃんが学んでいること

産まれたばかりの赤ちゃんは言葉を知らない。 ルールも知らない。 わかるのは,嫌か,嫌じゃないかだけ。 何に対してかはわからないけれど,嫌ならなく,嫌じゃなければ寝る。 ただその繰り返し。 でも徐々に状況を理解してくる。 だから沐浴(お風呂に入れる)するときも,嫌じゃないとわかると泣かなくなる。 おむつを替える時も,交換しようとすると泣き止む。 お腹がすいたときも,おっぱいをあげようとすると泣き止む […]

1 3