初めてのコミュニケーション

初めてのコミュニケーション

生まれたばかりの赤ちゃんは,コミュニケーションというものを知らない。

ただ反射で行動する。

自分の泣き声もわからないし,手足の感覚だってわからない。

見えるものもなんだかわからないし,何もかにも全くわからない。

そんなわからないことだらけの中,ある時突然自分の声に気付く。

泣いているときではなく,落ち着いているときに出る自分の出している声,クーイング。

自分のクーイングに自分で驚く。

何度も出しているうちに,自分の意思で音を出せることに気付く。

そしてクーイングをすると,反応を返してくれる人がいることに気付く。

これが子どもとの初めてのコミュニケーション。

何を言っているかわからない。

何をしているかもわからない。

お互い何もわかっていないけれど,お互い自分の声に反応してくれていることだけはわかってる。

その初めてのコミュニケーションは,何かを伝えるためでも,何かを押し付けるのでもなく,お互い相手を理解しようとして交わされる。

何を言っているのかわからないけれど,お互い楽しんで続けられる。

あなたとあなたの子どもも,そうやって初めてのコミュニケーションを取ったはず。

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪