新高1が入学前にやっておくべき5つのこと

新高1が入学前にやっておくべき5つのこと

やるかやらないか

高校入試も一段落して落ち着いてきた頃と思います。

さて,受験は終わり,高校入学までの間にやるべきことは何でしょうか?
燃え尽きたからしばらく勉強はお休み?

まぁお休みするなとは言いません。
ゆっくり休むのもいいでしょう。

しかし今このみんな腰を落ち着けてくつろいでいる時こそ差をつけるチャンスです。

実際,この時期の学習は高校に入学後に大きな影響を及ぼします。

特にこのコロナ騒ぎの今,地域によって勉強に対する熱量に大きな差が生まれています。

入った時に,既にみんなは先にいっていることは考えておかなければならないでしょう。

英語

英語は単語と文法をしっかりと復習しておくこと。

中学3年間ぐらいなら文法をさほど知らなくてもほぼ丸暗記で通用してしまいます。

しかし高校までいくとそれは通用しません。

ボロが出始めると一気に総崩れします。

数学

数学は式の計算と関数を解いておくといいでしょう。

進学先にもよりますが,私立の問題を解いておくと入学後に慌てふためかずに済みます。

国語

漢字と文法を押さえておきましょう。

特別なものをやらなくても,学校のワークを解き直すので十分です。

理科

化学です。

特に計算問題を重点的に練習しておきましょう。

化学は大抵入ってすぐにアボガドロ数に入りつまづきます。

でも根本は化学反応式です。

高校受験用のものをやっておくだけでも結構違います。

社会

社会は公民をよく復習しておきましょう。

高校にもよりますが,現代社会を最初にやる高校は多いはずです。

仮にやらなくても,現代人として知っておくべき常識が公民には詰まっています。

いずれも受験用ではないのですから,のんびり,じっくりと取り組んで下さい。

高校に入学してからは慌ただしく過ぎ去っていき,落ち着いた勉強などできませんから(笑)

まとめは時間があるときだからこそ身につけたい勉強法

このノートは新高1の子のノートです。

先生の解説を写したノートではありませんよ?

PHIの英語では,まず問題を解き,次に他の生徒の間違いを直していくという授業をしています。

これは本物の文法力がなければできません。

理由も含めてちゃんと説明できるレベルにあるかを試しています。

中学生の時はあまり見かけなかったかも知れませんが,高校では「間違いを正しく直しなさい」というタイプの問題が一気に増えます。

こういう本質を問う問題をこなせるようにするための対策です。

これから卒業して一気に時間にゆとりが生まれますね。どう過ごすかは自由ですが,大切に過ごして下さいね(^^)/

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪