合格度外視は理想論か現実論か。失敗実例の紹介。

合格度外視は理想論か現実論か。失敗実例の紹介。

受験は結果か過程か

よく『結果が全て』という言葉を聞きますが,それは小区分での話。

例えば単語テストや漢字テストなど,出題範囲が決まっていて,やりさえすれば絶対満点が取れるような試験

これは結果が全てだと思います。

しかし受験はどうでしょう?

私は過程であることが大切だと思います。

なぜか。

勉強は受験が終わったから終わり,ではないからです。

例えば私の教え子で,高校生の頃から大学受験に向けたブログを書いている子がいるのですが,この子は私が教えて来て受験に失敗してしまった生徒の1人です。

模試や過去問の出来から見れば受かれる可能性は結構高かったんですけれど,失敗してしまいました。

ではこれで彼の人生が失敗したのかというとそうではありません。

彼が高校生になって目指したのは東大。

教えていた時に目標としていた職業や大学よりも高い目標を掲げました。

そこそこできたことが仇になった中学時代

中学生の彼を教えていた時。

正直大して勉強していませんでした

要領は良かったのですが,それゆえ高を括った感じがあり,ちょっとだけやってそこそこの点が取れて満足してやらない。

そんな感じでした。

もちろん「足元をすくわれる」と指摘はしておきましたが,実感が伴わない分,聞き入れてくれません。

私は1年も前から万が一を考えて,受験でこけた時のための仕込みをコツコツとしておきました。

もちろんこけないに越したことはないのですが,案の定,といいますか,出だしから普通にやっていれば落ちるはずがないと思われていた学校に失敗。

その後もペースは崩れ,安全校は押さえたものの,チャレンジ校,次善校は全滅

受験に落ちた報告をしに来て,みんながいる前ではおちゃらけていましたが,私と二人になった瞬間,彼は大泣きしていました。

負けたから頑張れる

結局彼は行きたかった学校にことごとく滑ってしまったわけですが,その悔しさをバネに頑張ったんですね。

「どうせやるなら東大を目指してやる!」ってね。

大切なのはこの目指してみようとする気持ちだと思います。

実際合格できるかどうか,それはわかりません。

もちろん合格するに越したことはありませんが,合格が必ずしも成功とは限らないのです。

少なくともちゃらんぽらんだった彼に関しては,受験で落ちたことをきっかけに,努力する勉強をできるようになった訳ですから,長い目で見て,ここで一生懸命やっている事は人生の役に立ったと言えるのではないでしょうか。

その後どうなったの?

一般的な塾の体験談やストーリーは合格しておしまいですが,私はそんなこと目指していません

この子についても,もう就職も決まったので,この後の結果までお話しましょう。

彼は学校の中で選抜クラスにも選ばれ,かなりの優等生になりました。

成績表を持って時々見せに来てくれました。

一般の塾では受験は受からせて終わり!と考える先生は多いのですが,私は受験は終わってからが勝負だと思って教えていますから,これはまさに教師冥利につきるというものです。

彼は高校で優秀な成績を収め,模試でも実際に東大が視野に入るぐらいまで行きました。

中学生の時は東大の「と」の字も出てくるような感じではなかったのですが(笑)

私はどこを受けるか相談されました。

「東大を目指してはいましたが,行きたいのは慶應。どうしよう。」と。

私はブランドよりも,やりたいことを学べるところに行くべきだと考えています。

おそらく彼もわかってて私に聞いてきたのでしょう。

彼は慶應に行きました。

彼の通っていた高校からは,今でこそ実績が出ていますが,昔はそこまでではなかったため,よく頑張ったと思います。

そして慶應に行った彼は三大国家資格であり,医者や弁護士と並ぶ公認会計士試験に見事合格!

しかも合格者順位がめちゃくちゃいい(笑)

大手の会計事務所に勤めることが決まりました。

結果にするか,過程にするかは親次第

受験に落ちたらと思うと不安で眠れない方。

すでに受験に落ちて嘆いている方。

試験後の出来具合を見て落ちるとわかってしまった方。

落ちて終わるのは受験です。

人生ではありません

その後の人生に活かすも殺すも親であるあなた次第なのです。

悔しいと思えば勝手に勉強します。

この子のようにね。

自分なりに頑張った,その結果をしっかり受け止め,今後に活かせれば,その受験は後の成功になるのです。

大切なのは,次の勝利のために負けを認め,反省し,次で勝つこと。

今の受験は1度しかありませんが,人生において受験は何度かあります。

今の受験はそのスタートであってゴールではないのです。

合格度外視の指導で伸びるのか?

合格度外視は受験戦争世代の親からしてみたら恐怖でしかないでしょう。

その気持ちはよくわかります。

しかし,時代は変わりました。

名の知れた大学に入れておけばいいという時代は終わったのです。

これからの時代に大切なのは,自分がやりたいことにしっかり打ち込めるかどうか

受験も詰め込み教育を排除していく方向に動いています。

テストにするとなったときの理想と現実のはざまで混沌としてますけどね。

だから伸びますよ。

成績を上げることも合格させることも第一目的にしていないので大したアピールもしていませんが,そんなもの目指さなくても子ども達は伸びています

同じ受験でも,自分で決めてやった受験か,親や先生が決めてやった受験か,その違いは受験後に大きな差になります。

間に合う子はポーンと伸びて,志望校よりも高い所へ合格していきます。

受験に一生懸命になるのも大切ですが,受験後のことを真剣に考えておくことも大切

PHIの子もさすがに何も手を打たずに伸びているわけではありません。

戦略的にあの手この手で布石を打っているのです。

今想定している受験がうまくいきそうなら構いませんが,危ういのであれば,PHIのような受験の仕方を考えてみてはいかがでしょうか(^^)/

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪