読解力が伸びない理由:学習法診断紹介(西船橋)

読解力が伸びない理由:学習法診断紹介(西船橋)

西船橋教室の面談にお越し頂きましたお客様へのアドバイスを簡単に紹介致します。

簡単な紹介にはなりますが,同じような境遇の方の参考になればと思います。

状況

中学受験の勉強をしている。

読解力がなく,国語に限らず問題の読み間違いでミスが出てしまい,点数につながらない。

漢字は保護者が誤字までチェックしている。

読解力育成のために公文式のような短文を用いた問題をこなそうとした。

読解力がないのはなぜ?

この子は国語の点数がいまいち伸びず,読解力がないのではということでした。

学習法診断をしてみたところ,この子の場合は読解力がないというより,考えすぎで解けていないことが判明しました。

一般的な同世代の子と比べると,国語に限らず,かなりしっかり考えていました。

ところが稚さ故に考えや解釈が間違った方向に向いており,それゆえ読解力に結びついていなかったのです。

保護者様は国語の読解力育成のために,くもんのように量をこなすやり方を選択していました。

ところがこういう子の場合は読解力がないわけではなく,むしろ考えすぎなくらいなので,量をこなすよりも,1つの文章を納得いくまで読み解いた方が効果的なんですね。

教材がいけないわけではなく,使い方の問題です。

保護者様がついているとのことだったので,1つ1つ丁寧に読み解いて,音読をし,意味を完全に理解するような勉強法をご提案致しました。

国語ができない=読解力がない=量をこなせばいい
とは限らない
と,いうことです。

やっているはずなのに伸びない方は学習法診断をお申込み下さい。

なぜ伸びないのか,原因がハッキリしますよ(^^)/

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪