「今まで勉強は暗記するものだと思ってた。」

「今まで勉強は暗記するものだと思ってた。」

暗記と思考は結論が一緒でも結果が異なる

「今までこんなに何で?何で?って聞かれた事もなかったから,考えた事もなかった。今まで勉強は暗記するものだと思ってた。」

このような事を言っている子がいました。

よく言われる事ではありますが,聞くたびにやはり受験のための教育は,知識の埋め込みに偏っているんだなと感じます。

誤解をしている方が多いのですが,知識として知っているのと,考えて理解するのとでは脳の使い方が大きく異なります

それゆえ、同じ結論にたどり着いたものでも,それに至るまでにどのような過程を通って来たかで,知識としての使い方が大きく異なってきます。

例えばこのような問題はどうでしょうか。

上部は必ず間が開く不思議

1998年に完成した当時世界一の吊橋,明石海峡大橋は,ケーブルを支えている2本の主塔の基部(根もと)の距離が1991m。ところが297m上にある塔のてっぺんでの距離は1991mと93mm。地面に垂直に立っているにも関わらず,上の方は93mmも開いてしまっている理由を説明しなさい。

誤差だと思うかも知れませんが,必然的にこうなるのです。

理由は地球が丸いから。

丸いボールに棒を立てれば,上に行くほど棒の間の距離が広くなっていく事がわかります。

これをこうやって教えられても「へー」となって,これで終わり。

これ以上発展させて考える子はほとんどいません。

しかしこれを

「明石海峡大橋の主塔の基部の距離は1991m。ところが297m上の塔の頂上の距離は1991mより長くなる。どれくらい長くなる?」

と聞いて考えさせると,子ども達は様々な事を考えます。

もちろん大半は迷走したような解答。

しかしその迷走の過程で平行線の概念,円の概念,円周の長さなどを理解し,最終的には長さを実際に求める子まで現れます。

実はこの問題,大して難しくありません。

おうぎ形の弧の長さの求め方をわかっていれば,小学生でも解くことができます。

大人はなにかと答えを教えたがりますが,子どもはそんな事望んでいないのです。

時間さえ許せば、子どもはこっちの方が楽しいのです。

ま、時間がないから詰め込み教育の塾がはやるんですけどね(^^;

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪