なぜ「敗北」は南ではなく北なの?

なぜ「敗北」は南ではなく北なの?

質問内容

「先日,『指南』という言葉がなぜ南なのかという記事を拝見いたしました。ではなぜ『敗北』は北という字を使うのでしょうか。ふと疑問に思ったのでメッセージさせて頂きました。」

そもそも「北」の成り立ちが負けている

「北」という漢字の成り立ちは,「二人が背中合わせになる」状態を表しており,二人が背中合わせにならなければならない状態というのは追いつめられて負けていることを表します。

そのため,「背」という漢字にも「北」が入っており,「背水」といったように背は弱みや弱点といった使われ方をします。

なぜ背中合わせで北になるの?

背中合わせであることが北を指すようになったのは,一般的に王は南を向いて座るため,北というのは王とは反対の方向を指し示すことになります。

そのため,北の方角を「北」という漢字で表すようになったのです。

些細なことではありますが,こういうことを気にかけて違いが分かるようになってくれば,漢字の練習も楽しくなってきますよ(^^)/

 ⇒  「指南」という言葉は,なぜ北ではなく南を使うのか?

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪