暗記しない社会の授業は面白い!

暗記しない社会の授業は面白い!

暗記何てほどんどしなくても解ける!

社会と聞くと「あー暗記科目かー。」という反応をされる方が多いですね。

確かに社会は暗記科目です。

しかし,暗記しなければならないところなんて実はそう多くはないのです。

少なくともあなたが思っているよりはずっと少ないのです。

例えば今日も歴史の授業をやりました。

「なんで台湾は日本大好きなの?」
「なんで中国,韓国は日本を嫌いなの?」
「なんで同じ中国なのに台湾と中国は仲が悪いの?」
「関税自主権って何が問題なの?」
「治外法権ってどうしてダメなの?」

これは子ども達から出た質問です。

子どもからこういう質問が飛び出すのです。

「PHIの社会は楽しい!」

子ども達はよくそう言いますが,この様子からもそれが見てとれると思います。

PHIの授業は何が違う?

さて,普通の社会の授業と何が違うと思いますか?

なんでこんなに生徒が社会に興味を持つのでしょう?

その答えは『ストーリー』にあります。

普通に教えられる社会にはストーリーがないんですよ。

ただの歴史の断片でしかない。

だから面白くないんです。

例えば『半沢直樹』というドラマがありましたね。

「半沢直樹っていう銀行マンが組織の不正を暴いて昇進したんだよ。」
「へー。」

で終わってしまいませんか?

こんなこと知っても面白くもなんともないんです。

でもみなさんが通常学んでいる,学んできた社会はまさにこれなんです。

「源頼朝が1192年に平氏を抑えて征夷大将軍になったんだよ。」
「へー。」

面白くもなんともないでしょ?(笑)

ストーリーもドラマも何もない。

だから社会は面白くないんです。

出来事ではなくストーリーを学べ

なぜPHIの社会は楽しいのか。

ストーリーやドラマを感じられる授業をしているから子供は興味を持つのです。

むしろPHIではそんな話ばっかりです。

子どもは興味に任せて質問するだけ質問して,笑って帰ります。

それでいいんです。

興味を持ったらあとは勝手に勉強してくれますから(笑)

もちろんただストーリーを話しているだけではありません。

試験に関わる重要な部分はピンポイントで押さえます

子どもの疑問や質問も実は先生の方で仕向けて誘導しています。

本当に子供に任せて質問をぶつけられたら,話が脱線して戻って来れなくなりますからね(笑)

暗記だと教えるから暗記になる

社会はただの暗記科目ではなく,そこにストーリーを見出すことで楽しめる学問です。

歴史だけではなく,地理も公民も。

子どもに「社会なんて暗記科目でしょ!」なんて言ってはいけません

社会は暗記じゃないってわかった時に,子どもの成績は限界を超えます。

PHIの社会の授業,受けてみます?(笑)

実は保護者の方から,

「子どもの話を聞いていたら私が授業受けたくなっちゃいました。」
「こういう授業だったら私も勉強やり直したい。」

というお話をよく頂くので,授業を解放したところ,遠隔指導で子どもと一緒に社会に参加される保護者の方が増えてきました(笑)

保護者の方が楽しくなれば,子どもにも楽しく話せます。

保護者の方が楽しいと思えれば,子どもも楽しいと思えて勉強します。

だからPHIでは保護者の方にも授業をしています

子どもが伸びないとお悩みなら,まずはあなたがPHIの遠隔指導を受けてみませんか?(^^)/

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪