新紙幣発行!受験で役立つ話題のまとめ

新紙幣発行!受験で役立つ話題のまとめ

受験にどう役立つ?

2024年度を目途に紙幣と硬貨を刷新することが伝えられましたね。

この話題は入試でも時事問題でも狙われますので,押さえておいた方がいい関連事項を含めて見ておきましょう。

とはいえ保護者の方がこれを全て話す必要はありません。

知っている話題に無理せず関連付けられるものを子どもと話してみて下さい。

子どもが興味を持たなくても押し付けないように!

どこか別の場所でまたこの話を聞いたときに興味を持つきっかけになればいいのです(*´з`)

令和

肖像画のデザイン,ビフォーアフター

まず変更前と変更後の肖像画とデザインについて。

1万円札 : 福沢諭吉,平等院の鳳凰像 ⇒ 渋沢栄一東京駅丸の内駅舎
5千円札 : 樋口一葉,燕子花図屏風 ⇒ 津田梅子(ふじ)
1千円札 : 野口英世,逆さ富士 ⇒ 北里柴三郎富嶽三十六景
5百円玉 : 桐(きり),橘(たちばな),竹 ⇒ デザインは変わらず

渋沢栄一

実業家で,日本資本主義の父とも言われる。

日本最初の銀行であり最初の株式会社でもある第一国立銀行の創設者

第一国立銀行は後に第一銀行,帝国銀行,第一勧業銀行となり,現在はみずほ銀行となっている。

他にも500近い企業の設立に関わったとされ,有名なものに現在の東京証券取引所,富岡製糸場,キリンホールディングス,サッポロホールディングス,東京ガス,帝国ホテル,東京海上日動火災保険,王子製紙,秩父鉄道,東洋紡,理化学研究所,一橋大学などがある。

鉄道会社を次々と設立して日本の鉄道網を築き上げたのも渋沢。

この話になると大抵「四大財閥とは何が違うの?」という質問を受けるのですが,財閥1人のトップが全体を取り仕切って独裁的に経営していたのに対し,渋沢は個別の会社を立ち上げることで権力を集中させなかったところが大きく違います。これは渋沢が「私利を追わず公益を図る」という理念のもとに会社を作っていたためと言われています。

ちなみに渋沢栄一は実は韓国で初めて紙幣が作られた時の肖像画に採用されています。

とは言っても韓国が率先して採用したわけではなく,日本が占領していた時代に第一銀行が作った紙幣なので韓国からしてみたら黒歴史の1つなわけです。

津田梅子

女子教育の先駆者で,現在の津田塾大学の創立者。6歳で岩倉使節団に参加し,11年間アメリカで過ごす。

当時女子教育といえば花嫁修業が当たり前で,読み書きそろばんなんてものは女性がするものではないという風潮でした。

そんな中留学から帰ってきた津田梅子は日本の女性の地位の低さにショックを受け,女子教育に力を入れたと言われています。

岩倉使節団というのは教科書にも出てくる重要な用語の1つですが,要するに欧米の文化を学ぶために派遣された留学生です。

女子教育に力を入れたという点では現在の日本女子大の創設者である広岡浅子も「あさがきた」のドラマの影響でご存知の方も多いかと思いますが,広岡浅子は実業家なのに対して,津田梅子は教師という点で大きく異なります。

ここまでだと岩倉使節団ぐらいしか子どもの知識に引っ掛かりそうもないのですが,ヘレンケラーやナイチンゲールとも会っているという話をすると大抵の子はピンと来て関連付けされます。

また,日本語を忘れてしまって英語しか話せなくなったというのも覚えやすいはずです。

ちなみに千葉ネタですが,津田梅子の父親は佐倉城で生まれた佐倉藩士。

現在の佐倉高校の前身である成徳書院で学んでいます。

北里柴三郎

ペスト菌の発見,破傷風コレラの治療法開発(血清療法)で有名。

日本の細菌学の父と言われる。北里大学の母体でもある北里研究所,慶応大学医学部の創設者。

野口英世の紹介状を書いてアメリカへ留学させた。

破傷風というのは破傷風菌という菌が傷口から入り感染する病気で,体のしびれや痛みを伴い,死亡することもあり,日本では三種混合ワクチンに含まれています。

ペストは香港で大流行した致死率90%ともいわれる病気で,北里がペストの感染源であるネズミの駆除のために猫を飼うことを推奨したことが,現在の香港と猫の風景となっています。

コレラは日本でも大流行し,北里自身も2人の弟をコレラで失ったことがコレラ研究のきっかけになったと言われています。

血清療法を確立したものの日本では理解されず,自分の娘で実証して信頼を得ました。

なお,血清療法とは,馬などの体内にその病原体の毒素を入れ,それに対する免疫作用で大量に作られた抗体を取り出して感染者に投与する方法。

雑なたとえをするならば,友達の家で花粉症対策として取り入れた空気清浄機の効果が高かったので,自分の家にもらってきて花粉を減らす,みたいな治療法です。

無理せず,へーと思ったことを1つでも子どもと共有して,名前と関連付けられるきっかけを与えられるといいでしょう。

放っておいても何度もこの話題に触れることになるでしょうから,触れやすくなるきっかけを与えておくことが大切です。

PHIのLINE公式アカウント

友だち追加

タイムラインで子どもが賢くなる話題を流しています(^O^)
また,無料で【簡単質問】,【簡単相談】も受付中(^^)/

学習法指導塾PHI:学習法診断バナー
学習法診断についてはこちら
学習法指導塾PHI:オンライン教室バナー
オンライン指導(遠隔指導)についてはこちら
学習法指導塾PHI:トップバナー
蘇我教室西船橋教室オンライン教室
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪