「お参り」と「お詣り」の違いは?

「お参り」と「お詣り」の違いは?

「お参り」と「お詣り」

「お参り」と「お詣り」,何が違うのでしょうか?

結論から言ってしまうと,

お参り ⇒ 仏様にお祈りしにお寺に行くこと。
お詣り ⇒ 神様にお祈りしに神社に行くこと。

漢字の意味から違いを学ぶ

では漢字の意味から考えてみましょう。

「詣」の字

「詣」は「ケイ」「もう」と読みます。

・初詣(はうもうで) その年に初めてお詣りに行くこと。
・造詣(ぞうけい) 知識,たしなみなどの深い境地。
・参詣(さんけい) 神社にお詣りに行くこと。

このように「到着する」「到達する」という意味合いがあります。

「参」の字

「参」は「サン」「まい」と読みます。

・参加 : 加わること。
・参観 : その場に行き,観覧すること。
・参考 : 自分の考えのたしにすること。

このように「関わる」という意味合いがあります。

また,「行く」の謙譲語として「参る」を使います

お寺にお参りに行くというのは,仏教では位が存在するため,こちらの謙譲語としての意味が強いですね。

なお,神仏習合があった時代に混同されていますので,熟語ではどちらに対しても使うことが多くなっています。

そのため,「お参り」と「お詣り」の区別以外は気にしなくてもいいでしょう。

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪