中3:志望校はそろそろ下げるべき?

中3:志望校はそろそろ下げるべき?

結論から申し上げますと,まだ志望校は下げるべきではありません

どんなに足りなくても今下げるべきではありません。

といいますのも,志望校を下げたからと言って合格可能性が上がるわけではないからです。

一見すると合格圏の生徒でも,それは今のまま行けばの話であり,志望校を下げる子は,下げたからと言って勉強時間を増やすわけでもなく,結局その安心感に甘んじてどんどん下がっていく事が多いのです。

志望校は直前でも変えられます。

慌てて今下げるべきなのは,精神的プレッシャーに耐えられなくなったときであり,そうではないのなら,最後まで粘ってみるべきです。

もちろん変える可能性がある学校は一通り見ておいてください。

行くかも知れない学校を受験の時に初めて見るというのはリスクが非常に大きすぎます。

また,合格していく事になった後でも後ろめたさとして残り,そのことが高校生活をつまらないものにしてしまいます。

志望校は行けるところに合わせるのではなく,行きたいところに行けるように応援してあげましょう!

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪