撃たれた飛行機,あなたならどこを改善しますか?

撃たれた飛行機,あなたならどこを改善しますか?

今回はラテラルシンキングの例をお話致しましょう。

事情さえわかれば子どもにも考えさせることができると思いますので,ぜひ考えさせてみて下さい。

ラテラルシンキングの例

上の図の赤い点は,帰還した航空機が機関銃で撃たれた場所集計した図を表しています。この航空機を改良するとき,どこをどう改良するか説明しなさい。

ラテラルシンキングの解答例:
赤い印がついていない場所を強化する。
※答えを白抜きにしています。

ラテラルシンキングというのは制限にとらわれない自由な発想をすることなので,答えは1つではありません

さまざまな答えがあっていいのです。

しかしこれは実際に第二次世界大戦中に行われた改良で,この改良により墜落する飛行機が激減したそうです。

その時改良を施された場所は,解答の場所でした。

なぜかについても下に書いておきますが,答えを知りたくない人もいるかと思いますので,解答と同じく白抜きで書いておきます。

以下理由

これは帰還した飛行機を調べたものなので,赤い印がついている場所を撃たれた飛行機は帰還できたと考えられます。

逆に言うと,赤い印がついていない場所を撃たれた飛行機は墜落して帰って来ることができなかったと考えられます。

そのため,印がついていない場所を強化することにより,墜落しにくくなった
ということです。

いかがでしたか?

子どもにもやらせてみて欲しいのですが,子どもの答えを否定しないように注意して下さい。

ラテラルシンキングに正解はありません。

ベストに近い解答があるかどうか,だけです。

考えられたこと自体を褒めてあげて,別の視点ということで,ヒントをあげながら誘導してみて下さい(^^)/

ラテラルシンキングの指導実例

 ⇒ 定規なしで直線を引けますか?

PHIのLINE公式アカウント

友だち追加

タイムラインで子どもが賢くなる話題を流しています(^O^)
また,無料で【簡単質問】,【簡単相談】も受付中(^^)/

学習法指導塾PHI:学習法診断バナー
学習法診断についてはこちら
学習法指導塾PHI:オンライン教室バナー
オンライン指導(遠隔指導)についてはこちら
学習法指導塾PHI:トップバナー
蘇我教室西船橋教室オンライン教室
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪