単語カードより効果的なフラッシュカード

単語カードより効果的なフラッシュカード

暗記の方法の1つとして単語カードを作るといった方法があります。かなり昔からあるレトロな方法ではありますが,未だに根強い人気があり,単語カードを使っている子を電車の中でまだ見ます。まぁ昔ほどは見なくなりましたが(^^;

さて,そんな単語カード。作ったことがある方も多いと思うのですが,作るのに結構時間がかかり,作ったことで満足。覚える前にテストになってしまったという経験はないでしょうか。実はPHIでは単語カードを作ることを推奨していません。特別な場合を除き,基本的には作らせていません。それはなぜかといいますと,単語カードを作るよりも効果的な方法があるからです。

フラッシュカードのメリット

フラッシュカードというのを聞いたことはあるでしょうか。その名の通り,一瞬のカードです。これを利用する方法があります。フラッシュカードの原理を利用すると,

  • 答えが瞬間的に浮かび上がる。
  • 解答時間が短くなる。
  • 知識を関連付けしやすくなる。

といった効果が得られます。

フラッシュカードの活用方法

本来のフラッシュカードの使い方は,その名の通り,カードにしておくところまでは変わりません。使い方が異なるのです。通常の単語カードは見て,裏返して確認してといった使い方になりますが,フラッシュカードは一瞬しか見ません。裏の確認もしません。つまり,裏側を作る必要がないのです。

まずは製作。覚えたいものを単語カードのようなカードに書いていきます。この際,先程話した通り,裏に何か書く必要はありません。表のみでOK。使う時はそのカードを混ぜて,一瞬だけ見て次のカードへ移ります。この一瞬というのは本当に一瞬で,1秒程度でさっさと次に移ります。単純計算で,1分で60個覚えることができます。

「そんなの無理!」と思うかもしれませんが,1秒でするのは単に確認です。1秒以内に答えが出るように繰り返す。ただそれだけでいいのです。

フラッシュカードで覚えられる原理

フラッシュカードは語句とイメージを連結させることで覚えさせる記憶法です。そのため,解答の良し悪しよりもイメージを重視します。裏を見る必要がないのもそのためです。答えを確認することにあまり意味がありませんので。ただその言葉のイメージを植え付けていく,これに特化するため1秒でめくってしまうのです。

例えば「」という単語を見たとき,頭の中でぱっと過去の経験などから,その時に関連する感情や状況が浮かび上がるはずです。これは単語や文章を見たときに,無意識に頭がイメージ化しているために起こります。これを原理を利用して,単語や用語を見た瞬間にその意味をイメージで捉える訓練をするのがフラッシュカードなのです。時間に追われながらやると集中力が増すという心理的効果もあるため,集中力アップにも使われることがあります。

見る時のポイント

ポイントは3つ。

  1. その用語を頭でイメージ(映像化)する。
  2. 説明の丸暗記ではなく,自分の言葉で説明できるようにする。
  3. 1枚につきかけていい時間は1秒以内。目指すは1秒で3枚。ただし,説明できるかの確認に関しては時間は問わない。

あとはひたすらスピードアップをはかるだけでどんどん覚えていけます。

作るときのポイント

この方法はイメージがカギを握るため,使う時には一度その用語についてのイメージを調べておいた方がいいでしょう。Googleなどのイメージ検索が便利です。また,どうしてもイメージがわかないものに関しては,何回か口頭で説明する練習をしてみるといいでしょう。

PHIでの活用法

最初にお話しした通り,PHIではそもそも単語カードを推奨していません。よってフラッシュカードも推奨していません。しかし,フラッシュ記憶を利用した確認法は推奨しています。どうやるかと言いますと,そもそもカードを作りません。もちろんこちらで用意しているわけでもありません。そんなもの不要なのです。これについては書いて説明すればできるものではなく,順序だてて実際にやらせてみながら経験を通して教え込んでいくのが一番のため,会員専用の秘密の手法とさせて頂きます(^^)/

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪