なぜ江戸の三大改革に田沼意次の改革は入らないのか?

なぜ江戸の三大改革に田沼意次の改革は入らないのか?

受験にどう役立つ?

江戸の三大改革は歴史においてとても重要で,とにかく覚えさせられた子も多いでしょう。

しかしその三大改革とは別に田沼意次の改革となっています。

なぜ四大改革ではなく,三大改革+田沼意次の改革なのでしょうか。

これに疑問を持っている子は,丸暗記に疑問を感じている子です。

これに疑問すら感じていない子は,勉強は丸暗記するものだと思っている子です。

もし丸暗記になってしまっているのであれば,そのまま丸暗記で限界まで引っ張るか,方法を変えるか選択をしなければなりません。

そしてなぜ田沼意次だけ分けられているのかがわかると,世の中の仕組みがわかります。

これを知ると,公民を勉強することがとても楽しくなってきます。

歴史ではなく,公民。

知らないことがいかに損か,実感できるでしょう。

田沼意次は悪者じゃない

教科書やテキストでは,田沼意次は株仲間を奨励して賄賂(わいろ)をはびこらせたとあります。

賄賂政治家として教える先生もいます。

これを聞くと,田沼意次は悪い奴だ,という気がしますが,実はそんなことはありません。

それどころか,田沼意次がいなければ,幕府の財政は立て直すことができませんでした。

実際,田沼意次が財政立て直しに動いてからというもの,幕府の財政はV字回復を成し遂げています。

そして後にも先にも,江戸幕府でこれほどの財政再建に成功した人物もいません。

むしろ英雄としてたたえられてもいいレベルの人物なのです。

誰が田沼意次を悪者にしたのか

歴史は勝ったものが記す,ということです。

つまり,田沼意次の評判は江戸幕府にとっては都合が悪かったのです。

そして庶民にも悪評が高かった。

よって,江戸幕府としては功労者として認めるわけにはいかなかった。

さらに幕府内には田沼を邪魔者扱いする者も多く,田沼は失脚させられた上,財産を全て没収されます。

これが田沼意次は悪者だと後世まで植え付ける要因となっています。

なぜ四大改革ではないのか?

田沼を功労者として認める訳にはいかなかった幕府は,逆に徹底的に悪者に仕立て上げました。

そしてそれ以外の3人の改革は,大して成果があげられらなかったにも関わらず,3大改革に名前を連ねることになりました。

実際の功績よりも,幕府にとって都合がいい人物が評価されたのです。

むしろ,幕府は田沼に全責任と非難の矛先を被せて捨て駒にしたとも言えるかもしれません。

いつの時代でもよくあることですね。

実は田沼はすごかった!

田沼意次の政策は悪い方向で書かれていますが,実は政策の方針としては,現代の金融政策に似ているものなのです。

時代を先取りした政策だったとも言えます。

もちろん今やったらダメなものもありますが,それを差し引いても理にかなった政策であったと言えます。

この辺りを勉強すると,今度は公民につながってくるのです。

暗記するというのは,与えられた情報を自分の意見を持たずにそのまま覚えることを意味します。

これではAIに勝てる人材にはなりません。

与えられた情報を鵜呑みにするのではなく,その背景を考えるだけでも,社会は暗記ではなくなっていき,楽しくなっていきますよ(^^)/

暗記しない勉強については,LINE公式アカウントで質問をしてみて下さい(^O^)

PHIのLINE公式アカウント

友だち追加

タイムラインで子どもが賢くなる話題を流しています(^O^)
また,無料で【簡単質問】,【簡単相談】も受付中(^^)/

学習法指導塾PHI:学習法診断バナー
学習法診断についてはこちら
学習法指導塾PHI:オンライン教室バナー
オンライン指導(遠隔指導)についてはこちら
学習法指導塾PHI:トップバナー
蘇我教室西船橋教室オンライン教室
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪