リラックス効果で学習効果を高める方法

リラックス効果で学習効果を高める方法

勉強部屋はどれも一緒。最適な部屋は机以外何もない部屋。そう思っている方が多いと思います。実際,気が散らないという意味では何もない部屋は学習効果が高いといえるでしょう。しかしながら,ちょっとした工夫でさらに学習効果が上がる事がわかってきています。今回はその一つ。日本人なら知らない人はいないというぐらい有名でありながら,最近はどんどん減少している畳のイグサ。この畳(イグサ)の中にはバニリンフィトンチッドという物質が含まれています。

バニリンとはバニラの香りの主成分でもある,あの柔らかい香りです。今や多くのバニラ製品のフレーバーとしても使われています。最近では肥満予防効果が高いとして注目を集め始めていますが,リラックス効果については以前から知られていました。

フィトンチッドの方はリラックス効果はもちろん,殺菌効果が優れている事がわかってきました。さらにという色は心理的にリラックス効果が高い色とされています。

そのため畳の部屋は,部屋の中自体に菌が繁殖しにくく,リラックス効果が高い部屋になります。そのため子供の勉強部屋は,可能ならば和室にするといいでしょう。

とはいえ,和室がない,和室は別のことに使うという方も多いでしょう。そういう時は,和室と同じ効果が期待できるものをおけばいいのです。例えばこんなものがあります。

これはamazonで「畳」と検索して出て来たものの1つですが,畳をブロックにしてフローリングの床に敷くことができるものです。参考までに載せた上記の商品は本物のい草を使っているようですが,中には「畳風」のものもありますので,しっかり確認してから購入して下さい。畳風だとバニリン,フィトンチッドの効果が得られませんからね。上の写真の商品は1枚単位でも購入できるので,1枚だけ買って机の下に敷いておくという使い方でも効果は得られるかもしれません。部屋の広さにもよりますが,畳の香りがするような空間は集中力が得やすいということです。

畳のある部屋と通常の部屋とで,数学の問題が何問解けるかという実験をしたところ,14~24%も増えたとのこと。

北九州市私立大の研究より

アロマオイルもそうですが,香りは結構バカにできませんよ。しっかり作られた天然素材アロマオイルはそれなりに効果があることがわかっています。欧米では医療行為として使われることもありますしね。化学的に合成されたものだと香りがそっくりなだけで効果は出ないとかもあるようです。安物注意というやつですね。

今回は和の再認識の意味も込めて畳を紹介しましたが,畳に限らず勉強がはかどりやすい部屋,空間というのは確かに存在します。親が勉強をさせることはできなくとも,勉強の効率を上げることで応援してあげることはできるということです。力を入れろとは言いませんが,ちょっと気をかけてあげるだけで,子どもの心持も変わることはありますよ(^^)/

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪