古事記と日本書紀の「記」と「紀」は何が違う?

古事記と日本書紀の「記」と「紀」は何が違う?

古事記日本書紀。同じ昔の書物ですが,「き」の漢字が違いますね。「この違いはなんですか?」という質問をもらったので答えてみようかと思います。

古事記と日本書紀って何が違うの?

まずは古事記と日本書紀の違いを確認しましょう。

古事記

712年に作られた日本最古の歴史書と。内容は日本ができるまでの歴史だが,その内容には伝説的な要素を含み,天皇の神格化のためのツールとして使われたとされている。

日本書紀

720年に作られた日本の歴史書。古事記とは違い,伝説的な要素はなく,事実とされるもののみを集めた最古の歴史書正史)とされている。

「記」 と「紀」の漢字の意味の違いは?

二つの漢字の意味の違いも当然あるので,こういう時は漢字の意味の違いを考えるといいでしょう。

「記」の漢字の意味

文章を書き「しるす」という意味がある。日記,記録,記事といった熟語からもわかるように,出来事やあったことなどをそのまま書き残しているときに使う漢字。

「紀」の漢字の意味

すじみちを立てて示したものやルール。紀行,世紀,風紀と言った熟語からもわかるように,流れや規則を表す時に使われる漢字。

どうして古事記に「記」の漢字を使ったの?

古事記は伝説的な要素があるため事実ではない歴史を含んでいます。そういう意味では本来なら「記」はふさわしくありません。しかし天皇の神格化をも気的に作られたということを考えれば,「こういう歴史的事実があったんだよ!」という意味を込めるために「記」を使ったと考えられます。

どうして日本書紀に「紀」の漢字を使ったの?

それに対して日本書紀は,あった事を後世に伝えるための記録。色々な文献を調べ,調査し,歴史に沿って順序立てて作り上げたものだから「紀」を使いました。

よく古事記と日本書紀の違いがわからないという方が多いのですが,漢字の意味の違いに着目できれば,覚えやすくなりますよ(^^)/

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪