プレッシャーがどれだけ点数に影響するのかの検証実験

プレッシャーがどれだけ点数に影響するのかの検証実験

プレッシャーが点数に影響

私は分かりきっている事なので実験するまでもないのですが,子ども達はわかっていないので,身を持って体験してもらうために実験をしました。

もちろん実験内容は事前に知らせていません。

実験の目的は,プレッシャーでどれだけ点数が変わって来るかです。

PHIの生徒たちにとある過去問を実施したところ,実際の実力差はかなりあるのに,点数の差がほとんどなくなりました

以下がその点数の一覧です。

ちょっと見せられない部分も多いので,必要な所のみ切り取っていて見づらいですが,下の3人の点数と,上の86点の点数以外は点数がほとんど似たり寄ったりです。

でも実はこの団子になっている点数の中に,志望校が2ランクぐらい下の子が2人も混ざっています。

なぜ2ランクも下の子が,2ランクも上の子と同じぐらいの点数を取れてしまったのでしょうか?

その仕掛けはテストの前にあります。

思い込みだけで点数は変わる

実はこのテストを実施する前に,このランクが下の2人には

「今日は簡単な過去問だから大丈夫!」

って言っておき,それ以外の子には,

「今日はめっちゃ難しいから心してかかってね!」

と言っておいたのです。

結果,簡単だと言われていた2人は,見事に2ランクも上の子達と遜色ない点数を取ってしまいました。

この差を生んだのは「先入観」です。

「難しいんだ!」と思って解くと難しく感じてしまい,
「簡単なんだ!」と思って解くと,簡単に感じてしまう
のです。

たったそれだけの違いですが,点数にはこれだけ大きな違いを及ぼします。

難しいと思い込んで解いた子は,いつも通りの解法が出来ず,迷走していました。

逆に点数が取れてしまった2人は,実は難しい過去問だったと知ってビックリ(笑)

問題の難易度よりも,気持ちが重要

子どもなんてそんなものです。

難しい,簡単の基準なんてまだありませんから,難しいと思えば難しくなりますし,簡単だと思えれば簡単になります

大人のように客観的に見て簡単か難しいかの判断はできないんです。

これって受験に限らず,普段の勉強でも言える事ですよ。

普段から

「難しい!」
「無理無理!」


と言っている子はなかなか成績が伸びません。

逆にウソでも

「簡単!」

って言っている方が解けるようになるのが早く,伸びも早くなる傾向があります。

もっとも,親や先生が「こんなの簡単だよ!」と言って刷り込むためには,実際に簡単だという事を感じさせられなければなりませんが(笑)

宿題や問題を解くときに,子どもがどのような発言をしているか,ぜひ耳を傾けてみて下さいね。

マイナス発言が多い子は,私がプラス発言が多い子へ変えていきますよ(^^)/

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪