水の音の違いに気付くゆとり

水の音の違いに気付くゆとり

水は注ぐときの温度によって音が変わる。

温かくなると高い音が出て,

冷たくなると低い音が出る。

これは温かくなると柔らかくなり,

冷たくなると硬くなるから。

雨の音も,暖かい雨と冷たい雨で音が違う。

温かい雨は密度が低くなるから優しい小さな音になり,

冷たい雨は密度が高くなるから硬い大きな音になる。

雨の音だけで,音の高さも,温度の違いによる密度の違いも,暖かくなると膨張することも,今の気象も学べる。

なのに子どもは気付かない。

教えてあげると「嘘だー!」という。

「今度聞いてごらん」というと,「本当だった!」と感動する。

テキストに書いてないこと,習ってないことは勉強じゃないと思ってる。

自然の音に耳を傾けるだけで,こんなに色々なことが学べるのに。

テキストからしか学べないなんてちょっと残念。

PHIのLINE公式アカウント

友だち追加

タイムラインで子どもが賢くなる話題を流しています(^O^)
また,無料で【簡単質問】,【簡単相談】も受付中(^^)/

学習法指導塾PHI:学習法診断バナー
学習法診断についてはこちら
学習法指導塾PHI:オンライン教室バナー
オンライン指導(遠隔指導)についてはこちら
学習法指導塾PHI:トップバナー
蘇我教室西船橋教室オンライン教室
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪