気孔は葉の裏に多い,は嘘。

気孔は葉の裏に多い,は嘘。

気孔が葉の裏に多い,は暗記ではない

先日の学習法診断で,「気孔は葉の表と裏,どちらに多いか」という問題を間違えていた子がいました。

親は子どもの勉強に一緒に付き合っており,植物の単元も自分が勉強して教えているとのことでした。

そのため,気孔の問題についても「気孔は葉の裏に多い,と教えたのに覚えられない」とおっしゃっていました。

そこでお子様にも話を聞いてみると,やはり「覚えなきゃとは思うけど,どっちがどっちかわからなくなる」とのことでした。

でもこの問題も暗記ではないのです。

気孔が葉の裏に多いのにはわけがある

気孔というのは穴なので,気孔が多ければ多い程,葉緑体が置けません。

しかし葉の表は光合成をするため,少しでも葉緑体を並べたいところ。

そのため,葉の裏に気孔が多いのです。

その証拠に,葉の裏は表と比べて緑の色が薄いはずです。

これは気孔で配置できない分,緑が少ないからなんですね。

オンライン教室で植物の授業

気孔を葉の裏に配置できない植物もある

ところが,気孔を葉の裏に配置することができない植物も存在するのです。

これは気孔の役割がわかっていればおのずと答えはでるはずです。

ちょっと考えてみましょう。

気孔というのは,二酸化炭素を取り入れて,酸素を吐き出すための穴です。

ということは,葉の裏にあると二酸化炭素を取り込めない植物ということになります。

どんな植物かおわかりになりましたか?

答えは,水面に浮かんでいる植物です。

水面に浮かんでいる植物というのは,葉の裏は水につかっています。

そのため,気孔は葉の表にしかないのです。

また,オオカナダモのように,水中で育つ植物に至っては,気孔すらありません

なぜなら,二酸化炭素は水の中へ溶けており,表皮から直接取り込んでいるためです。

さらに,単子葉類に関しては,葉が細く,丸まってしまうため,表も裏も光合成ができるように表と裏にまんべんなく分散しています。

思い込みや先入観で勉強を進めていくと,自然と限界が作られていく

「気孔は葉の裏に多い」

そのように覚えてしまうと,それ以上のことが考えれなくなります。

するとそうではない問題に当たった時に,解けなくなってしまうのです。

暗記することが勉強だと思っていることほど怖いことはありません。

もし心当たりがある場合は,PHIに質問してみませんか?

あなたの知らなかった世界が,どんどん広がっていきますよ(^^)/

PHIのLINE公式アカウント

友だち追加

タイムラインで子どもが賢くなる話題を流しています(^O^)
また,無料で【簡単質問】,【簡単相談】も受付中(^^)/

学習法指導塾PHI:学習法診断バナー
学習法診断についてはこちら
学習法指導塾PHI:オンライン教室バナー
オンライン指導(遠隔指導)についてはこちら
学習法指導塾PHI:トップバナー
蘇我教室西船橋教室オンライン教室
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪