ケーススタディー

合否判定20%未満,E判定から逆転合格する模擬試験活用法

合否判定なんてどうでもいい 中学入試,高校入試と入試が近づくにつれ,模擬試験の判定も気になってくる頃でしょう。みなさんは試験の結果が返ってきたらまずどこをご覧になっていますか? おそらくほとんどの方が「合否判定」を気にするのではないでしょうか。 「あちゃー全然届いてない…志望校変えなきゃダメかなぁ。」「あ,届いてる!なんとか合格できそうだ!」 大体成績表を見て一番最初に考える事はこんなことでしょう […]

今までの負債はいつどのように解消すべきか?

いよいよ夏休みもあと少し。最後に復習の大詰めを,と思っている方も多いでしょう。そこで今回は今まで習って来て,できていなかった部分,できないまま放置されている部分,いわゆる負債の解消法についてお話し致します。 小学校の場合 通常学校のカリキュラムと言うのは進む一方で戻ることはありません。例えば小学校の算数ですと, 小4:比べ方,角小5:平均,単位量あたりの大きさ,速さ,割合,面積小6:比,比例・反比 […]

間違った勉強かどうかをハッキリさせる方法

夏も半分終わりましたが,そろそろ夏の集大成を試す模試やテストがありますね。そんなテスト前になると,ついつい慌ててしまい,勉強しているつもりが全く意味のない勉強になっている事が多々あります。今回はその1例をご紹介しましょう。 これは中学受験に関わらず,高校受験でも使える方法です。PHIに入ったばかりの子が実施した,以下のチェックテストをご覧ください。 ちょっと小さくて見づらいのですが,左と右のチェッ […]

新聞を読ませれば頭がよくなる?

答えはNo!もちろんテレビ欄は問題外(笑)では通常の記事はというと,実はこちらも読ませれば頭が良くなるわけではありません。こども新聞を始め,子ども用の時事はかなり出回っていますが, なぜ新聞を読ませても頭が良くならないのでしょうか。 新聞は読ませても無駄になる 何度かPHIの記事をご覧になって下さっている方はもうお分かりだと思いますが,強制することに意味がないのです。読みたければ読めばいい。読みた […]

幼児教育は本当に効果があるのか?

読者様の多くは非常に教育に熱心な方が多いので,やはり幼児教育の効果というのを気になさる方が多いようです。結論から言ってしまいますと,幼児教育はするに越したことはありませんが,やり方を間違えると大きな弊害を生むということです。 幼児教育の種類 幼児教育も多種多様にあり,細かいことをいうときりがないので,大まかな分類に分けると以下のようになります。 右脳教育 左脳教育 情緒教育 右脳教育 右脳が主につ […]

なぜ勉強するようになるのか?そもそも勉強とは何なのか?

教えることの意味 先日こんなことがありました。 生徒 「先生,もう全然わからないです。1からやり直していいですか?」 先生 「1からってどこから?」 生徒 「この単元の最初からです。あとS君に教えるの,私がやってもいいですか?」 先生 「どうぞ,やってみて。」 この子はもう長いことPHIに通っているので,教えることで再認識につながることをわかっているんですね。普通なら自分が解けない所なんて教えたく […]

本を読ませると読解力が伸びなくなる

一般的には国語力を鍛えるには本を読ませた方がいいとよく言われますが,実は読ませればいいというものでもありません。そのため安易に本を読ませようとして失敗するケースもかなり多いのです。読解力の仕組みを国語が良くできる子の共通点から見てみましょう。 しゃべるのが好き 国語がよくできる子はとにかくしゃべります。放っておくといつまでもしゃべり続けます。つまり,いつまでもしゃべれるだけのネタや語句を持ち合わせ […]