実験

水の違いが文化の違いを生む!これを実感するだけで地理が好きになる\(^o^)/

硬水と軟水 硬水と軟水。 この違いを経験するだけで文化の違いを説明できるようになります。 先日小学生の授業でフランスについて学習したのですが,その時に水の話をしました。 フランスと言えば日本とは全く違う硬水。 コントレックスという水を飲んだことがある方ならご存知でしょう。 ピンク色のパッケージでお馴染みのアレです。 重たいんですよね,あれ(笑) でもこれが経験したことがない小学生には伝わらない。 […]

ポッキーはなぜ太いのと細いのがある?ポッキーの日に断面積と表面積を考える子ども達。

今日はポッキーの日!ということでポッキーをプレゼントみると… 「なんで太さが違うんだろ?」 「味が違うからでしょ」 「でも持つところ(クッキー部分)はこれもこれも同じのでできてるみたいだよ?」 「えーと,これはクッキーも味が違うから,これを比べればいいかな」 「太いと持ちやすいとか?」 「持ちやすさで選ばないでしょ(笑)」 「ちょっと食べてみよっ!」 「うん,触感が違う。」 「太い方がサクサクして […]

降水量は何でmmで表すの?家でもできる簡単な実験で算数の原理が学べる

降水量はなんでmmで表すの? 「雨の降水量ってなんでmmであらわすんですか?」 大型の台風もあり,梅雨もあり,雨が降った時期に天気予報を見れば,降水量がイヤでも目に飛び込んできます。子ども達もそれを見ているのですが,降水量がわからない。そんな子ども達との授業の一コマです。 「降った雨の量をイメージしやすいからでしょ。」「ml?」「なら単位はmlじゃない?」「そっか。じゃあミリメートル?」「なんで量 […]

振り子の糸を一番高いところに来た時に切るとどうなるか?実験動画付き解説。

細かいことは気にしない実験 身近なものを使って実験してみるシリーズです。教科書のような実験ではなく,身近なものを使って経験してみることを目的とした実験なので,誤差やら不確定要素やらが沢山入ってきますが,子どもが体験,実感することを目的としているので,精度は求めていません。やってみると結構一発で子どもは理解するものなのです。実験は失敗するから楽しいのです。 今回は「振り子の糸を一番高い所で切るとどう […]

中学受験:物理現象は携帯のハイスピードカメラで学べる

中学受験の物理現象は身近なものにどれだけ興味を持って接しているかが問われます。特に公立中高一貫の適正検査ではその傾向が強く,いかに身近なものから物事の原理原則を学んでいくかが重要なポイントとなります。 もちろん問題集で出てくる定番のものも多いので,わざわざやらなくてもわかると言う場合は必要ないのですが,実は原理をわからず丸暗記してしまっている所,身近な自然現象で例を説明できないようなものについては […]