小学生

子どもの几帳面さはトイレ教育で決まる。手伝いで伸ばせる学力とは。

2~3歳でのしつけが一生もののカギ 親として子どもに一番最初にしつける事になるのは,おそらくトイレか食事でしょう。 いつごろに始めるかは家庭により差があるようですが,大体の幼稚園でお泊り会があるため,それまでにはトイレ教育をしておこうとするのが一般的なようです。 そのため一般的には2~3歳ぐらいのようですね。 そのときに男の子でも最近は座ってトイレをさせるようにして,トイレをきれいに使うことを教え […]

子どもに「はい」と言わせる超簡単な方法。

考えさせるしつけとは 先日しつけについての話をしました。  ⇒ ダメなしつけ方と,習慣化させるしつけ方の違い 今回は具体的にどのようにすればいいかをお話致します。 一番手っ取り早いのが『復唱』です。 復唱というのは,相手の話を繰り返すこと。 例えば, 「なんで時間通り帰って来なかったの?」「だってゆう君に物を取られて返してくれなかったから!」「そう,ゆう君,返してくれなかったの。」 「どうして洗濯 […]

何に対する承認かで何を目指す子になるか,が決まる

ご質問内容 「今通っている塾では,『とにかく褒めて下さい。』と言われるため,どんな点数でも褒めることにしています。しかし褒めても褒めても点数は下がる一方。最近は『下がってもいいか』と思ってなめてきているような気がしてなりません。」 褒めろとは言うけれど… まずは叱るよりも褒める,これ自体は間違いではありません。 しかしおっしゃる通り,褒めてばかりだから大丈夫というわけでもありません。 褒めるといっ […]

バツかマルか。グレーゾーンの評価で子どもの勉強姿勢が決まる。

ご質問内容 「このテストのこの答えはどうしてバツなのでしょうか。子どもに聞かれたのですが答えられませんでした。」 どういう子を相手にバツにするか これは小学校のテストの問題です。 xとyの関係式を書きなさいという問題で,答えはy=8×xなのですが,y=x×8と書いてバツにされています。 小学校の先生のルールなので,これを否定するつもりはありません。 ただ,これを間違いとして捉えるかどうかで,子ども […]