教育法

1/19ページ

いい学校に行かせたければ,塾は必ず必要ですか?

「いい学校に通わせるためには塾は絶対に必要ですか?」 というご質問を頂いたのでお答えしようと思います。 勉強はどこでやる? まず私は「勉強は本来家でやるものだ」と思っています。 塾でやらなければいけないなんて事はありません。 それでも塾に通わせる親が多いのは,家で勉強できる環境が失われてきたからです。 そもそも学校という所は,基礎学力をつける所です。 その基礎学力さえつけていれば,学校の目的は十分 […]

小6の育て方:ギャップとの戦い

中学受験をする小6の特徴 もうこの時期になれば,ほとんどの子が中学受験をする覚悟ができていることでしょう。 まだ本人がその気でないのならば,潔く高校受験にシフトしましょう。 中学受験をすると決めた子でも,勉強はなかなかうまくいかない子も多いはず。 その最大の要因は,志望校と現状のレベルとのギャップです。 これに関してはどのレベルの子であっても感じるものなので,何ともなりません。 「足るを知る」以外 […]

「隋が滅びて唐になると言うのがわからない。」子どもが何をわかっていないかわかりますか?

「先生,なんて言っていいのかわからないのですが,どう質問していいのかもよくわからないのですが,唐っていう国ができたっていうのはどういう事なのか,よくわからないんです。」 これは以前PHIに入ったばかりの子が質問してきた内容です。みなさん,この質問の意味はおわかりになりますか? これは中国の歴史の話なのですが,通常この単元は『隋という国が唐に滅ぼされて…』というように教えられ,「へー」と流すように覚 […]

プログラミング教育はやればいいというものではない。流行りに便乗してやらせても意味がない。

プログラミング教育が公教育でも取り入れられるようになり,国をあげてIT化に適応した人材を育てようとしていますね。そのため,プログラミングをうたった塾もどんどん登場しています。しかし,実はほとんどのプログラミング教育が流行りに乗っているだけな中身がないんですね。全てというわけではありませんが,ほとんどのプログラミング教育が便乗商法と言って間違いありません。学校教育で取り込まれているプログラミングです […]

メモする力が学力を左右する:中学受験,高校受験のための授業の受け方

PHIの子どもたちのメモで,すごいと感じたものをご紹介致します。 どうメモを取るかで授業の受け方がわかる! 一見するとただのテストのメモに見えますが,これの何がすごいかお分かりになりますか? これは社会の先生が,テストの内容についてのヒントを話してくれたものをメモしたものだそうです。黒板に書いたものではなく,口頭で話したものを。 これってなかなかできそうでできないものなのです。一言二言ではなく,長 […]

“human”の”hu”は「間」って意味なの?子どもの疑問に大人の常識は通用しない

英単語で方程式 タイトルの意味わかりますか?先日生徒から出た質問ですが,最初聞かれた時は何の前置きもなく, 「”hu”って「間」って意味なんですか?」 って聞かれたので「ん?」って思ってしまいました。なんのこっちゃいと思って聞いてみると, human = 人間man = 人human – man = hu = 間 ではないのか?という質問です。まさか英単語で方程 […]

おこづかいの金額が子どもの育ち方に与える影響。お小遣いなしは甘ったれになる?

おこづかいをいくらに設定するかはご家庭により様々です。これに関しては家庭の方針もありますので,いくらあげるのが正解,というのはないでしょう。しかしお小遣いの使い方については勿体ないと思うものもあり,せっかくなら学習に通じる使い方をさせたくありませんか?というわけで,今回はそんなおこづかいのあり方についてお話します。 小学生のお小遣いの金額と傾向 小学生はあげていないという家庭も割とあります。もしく […]

暗記するからつまらない!暗記しない社会は楽しい!

社会の授業というと暗記がつきものなような気がしますが,実はPHIでは暗記はほとんどしません。暗記するのは基準となる最低限の年号くらいです。それ以外は全く覚えろとも暗記しろとも言いません。そしてテストもやりません。でもテストや模試,過去問,入試では点数を取ってきます。それどころか社会が苦手だという子が次々と高得点を取ってくるようになります。これは学校や他の塾の教育関係者にも驚かれますが,実はたいした […]

PHIの子は一回の授業でどれだけ頭に入るか?

さて,よく女の子で聞く話ですが,ノートが綺麗なだけでちゃんと頭に入ってないのでは?という相談。実際,ただノートが綺麗なだけなんてことは結構あるのです。 PHIで教え始めたばかりの小4も,まだ駆け出しなので,頭に入れる所までは至っていません。そのため,理社で予習を宿題に出した問題と全く同じ問題をチェックしても,正答率は大体10~20%です。もちろん全く初めての場所を自分で予習して来てからのチェックな […]

中学受験で特殊算のテクニックは本当に必要?

つるかめ算の弊害 中学受験の勉強を経験したことがある子供,保護者のみなさまにはおなじみの特殊算の1つ,つるかめ算はご存知でしょうか? いわゆる中学生で習う連立方程式の中学受験版の計算で,方程式を使わずに解く方法です。 このつるかめ算は小学校では習わないテクニックのため,基本的には塾で解き方のテクニックを習って解き方を覚えることになります。 大手の塾は解き方が体系化されており,ほとんどが同じ解き方に […]

1 19