社会問題

1/2ページ

風力発電による環境破壊は本当にないのか?

受験にどう役立つ? 風力発電はクリーンエネルギーとして位置づけられています。 環境に対して本当に問題がないのか。 実は水力発電も太陽光発電も安全,クリーンとは言えない事例が出てきています。 今の時代において,化石燃料よりもマシ,というだけであり,風力発電も水力発電も,太陽光発電も,何かしら問題があることは知っておくと,洗脳された知識から思考の幅が広がります。 風力発電の弊害 一見クリーンな気がする […]

緊急事態宣言で何が変わるのか

受験にどう役立つ? 緊急事態宣言(非常事態宣言)は国家の非常事態に出されるもののため,余程大きな出来事がなければ出されません。 つまり,余程大きなことが起きたという事です。 当然時事問題として関連事項を押さえておくことは大切ですし,来年,再来年の入試と関連することが出やすい年になるでしょう。 緊急事態宣言とは 今回は2009年に大流行した新型インフルエンザ,H1N1型の反省を生かし,2012年に成 […]

新型コロナのデータによるメディアのあおり方を分析する

受験にどう役立つ? 受験では資料の読み取り技術も問われます。 しかし現在メディアに出される資料は視覚効果や印象付けを駆使して,メディアが伝えたいことが伝わるように表現され,あたかもメディアの主張が正しいかのような証拠としての出し方をされることが多いため,データから自分の考えを持てるようには作られていません。 しかし,PISA型の試験を始め,今後の学力の課題は教えられたことを覚えるのではなく,自分で […]

中東情勢を子どもがわかるように,寸劇にしてみた

受験にどう役立つ? 中東情勢は歴史の近代,そして公民の世界情勢に絡んでくる単元,さらに現在にまで続いている時事性の高い出来事でもあるため,入試においても難関な学校ほど狙われる傾向にあります。 もっとも難しい話が多いため,難しい学校やここを範囲とする定期テストでなければそんなに突っ込んで出てくることはないでしょう。 しかし,日本も第四次中東戦争の影響を受けてオイルショックが起きています。 これは小学 […]

トイレットペーパーパニック。思考力を失った大人たち。

トイレットペーパーパニック 新型コロナウイルスの影響でトイレットペーパーに関するデマ情報が流れ,一気にトイレットペーパー,ティッシュペーパーが店頭から姿を消しましたね。 しかし戦後の日本を学んでいる方なら,過去にもトイレットペーパーパニックがあったことご存知のはず。 子ども達の話しの中でも早速出てきました。 受験にも出てくる超重要な出来事としては,1973年のオイルショック。 トイレットペーパーは […]

川は綺麗になったのに,逆に臭くなった理由

受験にどう役立つ? 埼玉県の水道水がカビ臭いとのことで問題になりました。 ニュースになったのは最近ですが,実は以前から問題視されており,それがやっと解決の目途がついたとのことで,ニュースになりました。 原因から話してしまうと,川が綺麗になったためにかび臭くなったのです。 川は綺麗な方がいいと言われてきましたが,水だけが綺麗になっても問題を引き起こす事例ですね。 机上ではシンプルな形で習いますが,生 […]

新聞を教材に活用する方法

学校でも新聞が活用される 次の学習指導要領から,新聞を活用するという内容が加わっており,小中学生は今後新聞に触れる機会が増えていくと思われます。 しかし現状の新聞の部数は伸び悩み,いずれなくなるのではないかと言われています。 その原因は,スマホのニュースアプリ。 これがあれば新聞記事よりも早くニュースが手に入りますし,翌朝を待つ必要もありません。 また,紙を使わない分,資源保護にも役立っているとい […]

オムライス発祥の地から学ぶパクリ文化と日本の歴史

受験にどう役立つ? オムライスの発祥についての質問を頂いたので,お話しようと思います。 文明開化,経済との関連が深いため,その単元での理解度に貢献するでしょう。 もっともオムライスそのものは出てきませんので,直接的な役割はありません。 オムライスってなに? 今さら説明不要だと思いますが,一応。 オムライスは英語のomelet「オムレツ」+rice「米」を組み合わせた造語ですね。 炒めたお米をオムレ […]

googleマップの国境は閲覧している国によってコロコロ変わる

今回はちょっと面白いサイトを見つけたので紹介。 国境による紛争が絶えない地域で,googleマップが国境や地名どのように表記しているのか,を比較できるサイトです。 西サハラ日本海ペルシャ湾クリミア半島カシミール といった地域があげられています。 閲覧している国(場所)によって表記を変えることで,その国の非難をかわしているんですね。 一件問題を回避しているようで,それぞれの国の人に既成事実を植え付け […]

社会としてやるからやりたくない。算数としてやると食いつく実例。

科目のすり替えだけででやる気が出る 小学校の算数の問題で,年齢別人口の割合のグラフが出ていました。 人口ピラミッドのグラフですね。 ズバリそのまま社会なのですが,社会としてではなく,算数の題材として与えられていると,社会は嫌いな子でも, 算数ではない話=余計な話=楽しい話 となり,耳に届きやすくなります。実際には結局社会の授業なんですけどね(笑) そんな授業をしたのでちょっと紹介しましょう。 算数 […]