カテゴリー
PHIの教育論

速さと距離の目安を身に着けておく必要性

《ただ今キャンペーン実施中!》蘇我教室学習法診断:無料受付中!西船橋教室新規開校説明会!学習法診断:無料受付中 速さは子どもにとって目に見えない! 速さの問題を解くときに,毎年とんでもない解答に出会います。人の歩く速さが新幹線より速いとか,列車の速さが自転車より遅いとか,鳥が飛ぶ速度はカタツムリより遅いとか,枚挙に暇がありません。さてそんな速度の間違え方をする子。こういう子は速度の感覚が全くない,
カテゴリー
PHIの指導実況ブログ

日能研,合格力実践テスト:算数(速さ)

《ただ今キャンペーン実施中!》蘇我教室学習法診断:無料受付中!西船橋教室新規開校説明会!学習法診断:無料受付中 日能研の合格力実践テスト,算数(速さ)の問題を扱ったのでちょっとご紹介。これは速さと比がわかっていれば大した問題ではありません。 ・列車が橋,トンネルを通過・速さと時間の比 が分かっていれば解けるはずです。 長さ370mのトンネルを通過するのに10秒(完全に隠れている時間),0.8倍の速
カテゴリー
PHIの指導実況ブログ

みはじやはじきを使う子は伸びない!小6算数,速さ

《ただ今キャンペーン実施中!》蘇我教室学習法診断:無料受付中!西船橋教室新規開校説明会!学習法診断:無料受付中 小学校で速さの問題を扱うのは小6。なので5月時点ではまだ習っていない子もいますが,中学受験では速さの問題を早ければ小4,遅くとも小5までには扱ってしまいます。 PHIでは子どもに合わせて学ばせる時期を変えていますが,小5が多いですね。小5~小6にかけてSAPIXや日能研,早稲田アカデミー