中東情勢を子どもがわかるように,寸劇にしてみた

中東情勢を子どもがわかるように,寸劇にしてみた

受験にどう役立つ?

中東情勢は歴史の近代,そして公民の世界情勢に絡んでくる単元,さらに現在にまで続いている時事性の高い出来事でもあるため,入試においても難関な学校ほど狙われる傾向にあります。

もっとも難しい話が多いため,難しい学校やここを範囲とする定期テストでなければそんなに突っ込んで出てくることはないでしょう。

しかし,日本も第四次中東戦争の影響を受けてオイルショックが起きています。

これは小学生,中学生の教科書にも載っている超重要な出来事

デマでトイレットペーパーが消えたという,新型コロナウイルスと同じようなことが起きたことで有名な出来事です。

また,中学受験では,SAPIX,日能研,早稲田アカデミーは難関狙いなので,問題やテストでも割と突っ込んだ所まで出てきますね。

話題にしようと思わなければスルー出来る話題ですが,きっかけがあれば一緒に話して考えて欲しい話題の1つです。

登場人物と関係国

ユダヤ人

ユダヤ教の人々。キリスト教,イスラム教はユダヤ教が派生して誕生した宗教にもかかわらず,あっちでもこっちでも迫害を受ける。特に第二次世界大戦時のナチスヒトラーによるホロコースト(ユダヤ人迫害)は酷く,ユダヤ人は国を追われて散り散りに逃げた。追われたユダヤ人は,イギリスに勧められてユダヤ教の聖地であるエルサレムへ向かうが…

アラブ人

イスラム教の人々。イスラム教は人数も多く,宗派も多い。テロを起こす過激派もあるが,それはごく一部。イスラム教は元々がユダヤ教のため,聖地もユダヤ教と同じエルサレム。

国連

世界の平和を目指しているが,世界の混乱を生んでいるのも国連。何が正義で,何が悪か,は常任理事国の意向で決定される。特に中東問題に関しては,イギリス,フランス,アメリカが気に食わないと敵にされる傾向にある。

エジプト

イスラエルのご近所さんの国。スエズ運河という貿易の超重要拠点を握っている。一見関係なさそうだが,第一次中東戦争の時から戦争に巻き込まれていて,領土をちょいちょい奪われている。

イラン

皇帝がアメリカと仲が良かったが,宗教的な問題からイラン革命が起きてアメリカとの仲が悪化。現在まで引きずっている。

イラク

サダムフセインがアメリカと仲がよかったが,やりすぎで攻撃を受けることに。この時にアメリカが聖地であるエルサレムを踏み荒らしたことでイスラム教の非難を浴び,イスラム過激派とアメリカが対立することに。タリバン(アフガニスタンのイスラム教勢力)はそんな過激派をかくまっていたことから,アメリカと対立することになった。

流れを重視して超簡単に説明すると

ヒトラー
「ユダヤ人を全員殺せ!」
ホロコースト

ユダヤ人
「ギャー逃げろー!でもどこに逃げればいいの!?」

イギリス
「とりあえず,うちが治めてる聖地のエルサレムに来たらどう?」

ユダヤ人
「ありがとう,そうさせてもらいます。」
みんなでエルサレムへ。

アラブ人
「なんだなんだ!?聞いてないぞ?ここは俺たちの土地だ!出ていけ!」

イギリス
「まぁまぁ。みんなで仲良くしましょうよ。とりあえずここはユダヤ人の土地にして,こっちはアラブ人の土地,でここは私たちが管理しますね。」

ユダヤ人
「ありがとう。じゃあここはイスラエルっていう国にしますね。」
イスラエル建国

アラブ人
「ふざけんな!勝手に決めるんじゃねぇ!」

イギリス
「ごめん,あかんかった。まとめられないわ。」
国連に丸投げ→第一次中東戦争(独立戦争)

イスラエル(ユダヤ人)
「勝っちゃったので,この土地ももらいますね」

アラブ人
「こんにゃろ!ならイスラム圏にいるユダヤ人は全員出ていけ!」
ユダヤ人国外追放

イギリス,フランス→イスラエル(ユダヤ人)
「なんかエジプトがスエズ運河を国有化して,俺らから利権奪おうとしてるから手伝って」
「私たちももうちょっと土地が欲しいので,手伝いましょう」
第二次中東戦争(スエズ戦争)

エジプト
「イスラエル,ちょっと調子乗りすぎでしょ。」
チラン海峡封鎖

イスラエル(ユダヤ人)
「そんなことするなら,こっちにも考えがあります」
第三次中東戦争(六日間戦争)

エジプト
「やったな!?ならこっちだって!」
第四次中東戦争(ヨム・キプール戦争)

OPEC(石油輸出国機構)
「イスラエルを支援する国は敵とみなし,原油価格を4倍にするわ。」
第一次石油危機

イラン国民
「なんか皇帝ばかり贅沢しすぎでしょ。アメリカにヘコヘコしてばかりで俺らの生活は全然豊かにならないじゃん!」
イラン革命→第二次石油危機

イラク(サダムフセイン)
「なんかイランばかりいいとこ取ってるし,ずるいよね。ちょっとよこせ!」
イラン=イラク戦争

イラク(サダムフセイン)
「お前の所もよこせ!」
クウェート侵攻

国連(主にアメリカ,イギリス主導)
「いや,やりすぎでしょ」
湾岸戦争

アルカイダ(イスラム教過激派)
「なんでアメリカが他国の宗教問題に口を出して聖地荒らしてんねん」
アメリカ同時多発テロ事件

アメリカ
「やられたらやり返す!アルカイダを支援している国は全員敵だ!」
イラク戦争

オンライン教室 中東問題の流れを解説

受験レベルでもうちょっと詳しく解説

複雑に入り組んでいる中東情勢ですが,大きく3つに分けると見えやすくなってきます。

  • ユダヤ人の国,イスラエル建国問題
  • エジプトのスエズ運河国営化問題
  • 王族の腐敗とイラン革命問題

ユダヤ人の国,イスラエル建国問題

ホロコースト(ナチスによるユダヤ人虐殺)

ユダヤ人は聖地エルサレムがあるパレスチナ
パレスチナは当時イギリスの管理地域で,アラブ人の国

国連がパレスチナをユダヤ国家,アラブ国家,国連管理地区の3つに分割

ユダヤ人は納得したが,入って来られた側のアラブ人は拒否

ユダヤ人はパレスチナにイスラエル建国を宣言

アラブ人がイスラエルを武力攻撃(第一次中東戦争,独立戦争)

イスラエル軍が勝利してしまい,アラブ人の国としたパレスチナを占領
これによりパレスチナ難民が発生

アラブ人はアラブ諸国からユダヤ人を追放

エジプトのスエズ運河国営化問題

エジプトがスエズ運河を国営化
イギリスとフランスはスエズ運河の利権を失ってしまったため,イスラエルも仲間に引き入れてエジプトを攻撃(第二次中東戦争,スエズ戦争)
※イスラエルは第一次中東戦争の時にエジプトとも争っていて,土地を少し奪っている。そのため,さらに土地を奪う口実が欲しかった。

PLO(パレスチナ解放機構)が結成され,対イスラエルゲリラ闘争が拡大

エジプトがチラン海峡を封鎖。
イスラエル軍はエジプト,シリア,ヨルダンなどのアラブ諸国を攻撃(第三次中東戦争:六日間戦争)

イスラエル軍はわずか6日間でシナイ半島,ガザ地区,ヨルダン川西岸,ゴラン高原などを次々と占領し,旧エルサレム市街を制圧。

エジプトとシリア軍がイスラエル占領地を攻撃(第四次中東戦争:ヨム・キプール戦争)
※ヨム・キプールとは贖罪(しょくざい)日という意味で,一年で最大の祭日。

エジプトとシリア軍が勝利し,イスラエルにシナイ半島の返還を迫り,OPECはイスラエル支援国は石油価格を4倍にすることを決定

欧米と共にイスラエルを支援していた日本は,この影響を受けてオイルショック(石油危機)

王族の腐敗とイラン革命問題

イラン革命
イランの宗教であるイスラム教シーア派の最高指導者であるホメイニ氏が,欧米にヘコヘコして贅沢をする皇帝を批判。皇帝がホメイニ氏を国外追放したことで,国民も皇帝を非難。これにより皇帝はアメリカへ逃亡し,アメリカは匿った。
 →イランでアメリカ大使館占領事件が勃発。「アルゴ」という映画になっています。

イラン=イスラム共和国が成立
これにより石油会社が国営化され,第二次石油危機に。

イラン=イラク戦争
石油資源と宗教対立から,イラク(サダムフセイン)がイランを攻撃
この時,アメリカはイランの大使館占領事件のこともあり,イラクに武器を供給。

イラク(サダムフセイン)がクウェート(イラクの南東にある小さな国)に侵攻

湾岸戦争
やりすぎとのことで,アメリカと西側諸国による多国籍軍がイラクを攻撃。

アメリカ同時多発テロ事件
湾岸戦争時にアメリカ軍が聖地メッカを踏み荒らしたとして,ウサマビンラディン率いるイスラム過激派テロ組織アルカイダがアメリカの航空機をハイジャックし,世界貿易センタービルに突っ込んだ。

イラク戦争
アメリカは報復として,アルカイダを支援する国をテロ国家と指定して攻撃。イラクも大量破壊兵器を製造しているとして攻撃され,フセイン大統領は逮捕,死刑となった。しかし,いくら探しても大量破壊兵器は見つからなかった。

大切なのは流れの視覚化

結局,子どもが分からないのは流れが見えていないからです。

流れが見えると何てことなくつながっていくんですね。

PHIの授業は子どもが興味を持ったところから深堀りすることで学んでいく方法なため,こんな難しいニュースでも日常的に扱っています。

そのため,社会に対する理解も会話レベルも圧倒的に高くなるんですね。

これは特に難しい方法ではありません。

保護者の方でも真似してできるのです。

以前このような話題も話しましたので,お子様との話のネタにして下さい。

子どもがどんどん賢くなりますよ(^^)/

PHIのLINE公式アカウント

友だち追加

タイムラインで子どもが賢くなる話題を流しています(^O^)
また,無料で【簡単質問】,【簡単相談】も受付中(^^)/

学習法指導塾PHI:学習法診断バナー
学習法診断についてはこちら
学習法指導塾PHI:オンライン教室バナー
オンライン指導(遠隔指導)についてはこちら
学習法指導塾PHI:トップバナー
蘇我教室西船橋教室オンライン教室

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪