子どもの几帳面さはトイレ教育で決まる。手伝いで伸ばせる学力とは。

子どもの几帳面さはトイレ教育で決まる。手伝いで伸ばせる学力とは。

2~3歳でのしつけが一生もののカギ

親として子どもに一番最初にしつける事になるのは,おそらくトイレか食事でしょう。

いつごろに始めるかは家庭により差があるようですが,大体の幼稚園でお泊り会があるため,それまでにはトイレ教育をしておこうとするのが一般的なようです。

そのため一般的には2~3歳ぐらいのようですね。

そのときに男の子でも最近は座ってトイレをさせるようにして,トイレをきれいに使うことを教え込ませる事が多いようです。

そしてこの時のしつけがそのまま成長したあとの几帳面さにつながっていきます

夜寝る前にトイレに行かせる

やはり寝ている間におもらしをしてしまうのをなるべく防ぐためにはこれが一番ですね。

トイレのしつけとは一見無関係そうですが,これがそのうち自分自身をコントロールする基礎になっていきます。

こぼしたら綺麗にする

主に男の子の話ですが,幼稚園に近い年齢になると,遊ぶ方ばかりが気になって,トイレをさっさとすまそうとして,おしっこがちゃんと便器に入っていなくても気にしない子が多いのです。

こういうときに,しっかりときれいにさせるという習慣をつけることが,後々の自分の身辺整理能力の基礎になっていきます。

しっかり拭く

拭き掃除というのは結構子どもの性格が表れます。

子どもの掃除能力で手を焼く親は多いと思いますが,やはりお掃除教育は大切です。

掃除ができない子は,大抵トイレの拭き掃除ができていない傾向にあります。

逆に言えば,掃除ができている子は,トイレ掃除も綺麗にできる。

そしてトイレ掃除が綺麗にできる子は,勉強環境も綺麗に整えられる傾向にあります。

おねしょの片づけは自分で

とはいえ,年齢によっては無理。

ある程度の年齢になったら,自分で片付けさせるようにすると,家事手伝いのできる子になってきます。

家事手伝いは様々な予定を要領よくこなしていかなければならない仕事なため,手伝いができる子は,予定の管理ができる子になる傾向があります。

食事中のマナーは最低限身につけさせる

昨今の親は箸の持ち方すら教育できないという話もありますが,そういう食事の時のマナーぐらいはなるべく早めにご家庭で身につけさせましょう。

また,食事中にテレビを見るという習慣をこの時期につけさせてしまうと,大体その後も引きづります

もちろん家族で楽しめるテレビなら構いませんが,家族でテレビを取り合うような光景は見せないようにしましょう。

皿洗いは自分で

これも幼稚園ぐらいまでは難しいとは思いますが,きっかけをなるべく作って早めにしつけてしまいたいものです。

ほとんどのご家庭で中学生ぐらいになってから「皿洗いぐらいやりなさい!」といった感じで言っているのを聞くのですが,こんなものは小学生に入る前にしつけてしまうものなのです。

でないと皿洗いは親のやること,という意識が根付いてしまうのです。

実は皿洗いというのは水に触れるため,自律神経を安定させる働きがあります。

そしてものの構造や形を把握していないと洗えないため,皿洗いをする子は立体に強くなる傾向があります。

注意点

1点注意して頂きたい事があります。

ここに書いたしつけは,基本的にできなかったら叱って教育するものではなく,自分でできたらすかさず褒めて教育するものです。

叱り飛ばして教育しても,反発してうまくしつけられなくなることも少なくありません。

逆に褒めておだててしつけた場合,その先成長していってもそれが当たり前となるしつけになるようです。

「あ~今さら手遅れだー!」と思う必要はありません。

人というのは変わるものです。

成長していくにつれて環境要因の影響を受けるようになるので,あるとき突然きれい好きになるなんて事も十分起こりえます

もちろん誘導する必要がある場合もありますが,意志さえあれば,いくつになっても変われるのです。

とりあえず中学生高校生であってもまだ子ども。

基本は褒めてしつけるのが得策です(*^-^)

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪