春分の日の小ネタ:受験に役立つ子育ての話題

春分の日の小ネタ:受験に役立つ子育ての話題

受験にどう役立つ?

春分の日は天体の単元で重要な位置づけのため,春分がわからないと天体の半分が理解できないと言っても過言ではありません

とはいえ,それほど専門的な内容を理解している必要はなく,ごく基本的なことさえ押さえてあれば大丈夫。

できれば暗記ではなく,感覚的に知っておいて欲しいネタなので,折りをみて話し,意識させておくといいでしょう。

春分の日って何?

毎年3月20日か21日に設定される祝日です。

3月というのが重要です。

そしてこの日は昼と夜の長さが同じになる日でもあります。

この昼と夜の長さが同じというのが,天体の単元でよく出てくる重要事項。

そして,この日は太陽が真東から昇って,真西に沈む日でもあります。

これも同じく重要事項。

透明半球で太陽の通り道(黄道)の図を書く時に,一番最初に書く線です。

なぜ昼と夜の長さが一緒になるの?

地球は地軸を公転面に対して66.6°,公転面に立てた垂線に対して23.4°傾いて公転しています。

そのため,夏は太陽の方に傾き,北半球は日の光を浴びやすくなるため,夏になります。

一番太陽が高く昇る日を夏至(げし)といい,この時太陽は北回帰線の上を通っており,昼の長さは一年で一番長くなります。

太陽が北側に来るから暑くなるということです。

しかし逆に冬になるときは,太陽は南半球の上に来ます。

そして一番低くなる日のことを冬至(とうじ)といい,この時太陽は南回帰線の上を通ります。

このとき昼の長さは一番短くなります。

北回帰線は北緯23.4度,南回帰線は南緯23.4度のところにあるため,夏至と冬至の間の春分(しゅんぶん)と秋分(しゅうぶん)は,緯度0度の場所,つまり赤道の真上を通るのです。

そして昼と夜の長さは同じになる,ということです。

イベントとしての春分の日

春分の日は国民の祝日の1つになっており,自然をたたえて生物を慈しむ(いつくしむ)日,将来のために努力する日,となっています。

また,名前の通り,春を分ける。

節分などと同じように,季節の一つの境目なのです。

よって,この日を境に暖かくなってくると言われています。

先日雪が降ったばかりですけどねww

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪