『成績保証』の裏話と,親として知っておくべき真実

『成績保証』の裏話と,親として知っておくべき真実

最近は成績保証を掲げている塾が沢山ありますね。ここ最近成績保証の塾にお通いの方から似たようなご相談を受けるので,成績保証についての正しい解釈の仕方をお話し致します。

まず初めに,成績保証をうたっている塾で,成績が上がらなかった生徒の割合はわずか4%だという統計はご存知でしょうか。

4%ってすごくないですか?そんなに成績上がるんだって思ってしまいますよね。しかし当然それには裏があるのです。

実は成績保証の条件はかなり限定されているのです。塾によっても様々ですが,1年以内だったり,1教科だけだったり,50点未満限定だったり,よくよく見ると様々な条件があります。

塾側はそれを達成しなければ返金になってしまいますから,それを達成するために一生懸命指導するようになります。つまり,入会したばかりの返金対象になる生徒から優先的に見るように本部から指導されているのです。

一度でもクリアした生徒は,成績が下がっても規約違反にはなりません。要するに放っておかれる可能性が高いのです。

成績保証の塾で成績が下がったという話は実は割と多いのですが,長く通っている子の方がこういう状況に置かれやすいためなんですね。こういう方はみな口をそろえて「伸びたのは最初だけ」と言います。私の所に相談に来る方を見ても,1年以上通っている方が圧倒的に多いですね。最初半年くらいで一気に伸びてくれたからそのまま通っていたけれど,すぐにまた元に戻ってしまって,また上がると思っていたけれど逆に急落したという感じです。大体このサイクルが1年~1年半なのです。そしてこのサイクルにはまって最も困るのが中2の夏頃から入会した子。中2でうまくいったから,中3でもうまくいくと思って通わせていると,秋になって通用しなくなって急落。そこで受講数を増やすことを提案されて,今さら塾を変えるわけにもいかず授業回数を増やし,そのまま入試へ突入といった感じです。もちろん塾側もこれを狙っています。

また,ある程度の成績を取っている子は成績を保証していません。これは私も多くの塾を見てきていますが,例外なく保証していません。そしてどの塾の方も言います。

「平均以上取っている子の成績を上げる保証なんてしたらやっていけない。」

言いかえると「平均以上の成績を取っている子を伸ばす指導はできない」と塾自身が認めているも同然なのです。よくよく調べて頂ければお分かりになると思いますが,中学受験を扱っている塾で成績保証なんてやっている塾はどこにもないんですよ。基本的に普通の公立の小学校に通っている子よりもレベルが高く,その中での争いになるため成績保証を掲げても保証できない可能性の方が高いからです。

また,1教科に集中するので,他の教科はなおざりになるというのもよくあることです。保証するのは受講してもらった科目だけですから,他の科目を犠牲にしても塾としては問題ないのです。例えば英語の勉強時間を奪って受講している数学に力を入れて,結局英語は下がっても数学だけ上がれば目標はクリアしたことになるのです。もちろん数学は上がっているので,「英語も受講しましょう!」という事ができるというわけです。おわかりになると思いますが,これはシーソーゲームになるだけです。

もちろん悪い事ばかりではありません。あまりに広告に踊らされて相談にいらっしゃる方が多いため,多くの方が盲目になっている部分についてお話しましたが,1教科であれ,たった1回であれ,伸びるのは確かです。苦手な教科に絞って伸ばすのもいいですし,自信になればその先は自分で頑張って伸びる可能性も出てきます。成績保証の塾でもすばらしい教室長はいらっしゃいますので,そういう所はムラなく指導してくれる教室もあるでしょう。

大切なのは見極める事です。伸ばすきっかけとして使って,その後は伸びなければ他の塾に変えるのも必要なのです。また,成績保証の裏をしっかりと見極めることです。成績保証とはその塾の強みをハッキリと表していることになると同時に,それ以外のパワーバンドを外れた部分は弱みになっているということでもあるのです。もちろん広告には書いていませんけどね。

苦手科目を克服したいという子がPHIには多く,自分の意思で勉強するようになります。

ちなみにPHIは成績保証をしません。それはPHIに伸ばす自信がないからではなく,教育とは子どもの勉強法の治療であり,子どもへの教育は投資だと考えているからです。

治る事を保証する医者がいますか?絶対儲かる事を保証してくれる証券会社などありますか?絶対儲かる話なんてむしろ怪しい事この上ないじゃないですか。長い目で見て健康に暮らせ,長い目で見て資産が増えていく。PHIも同様に長い目で見て自分で勉強できるようになり,長い目で見て伸びていくことを目指しているのです。

この子も英語が苦手だった子。苦手科目を克服して好きになる子が多いのもPHIの特徴の1つです。

PHIの最大のリスクは指導料が高い事です。しかしその分他の塾よりも明らかな結果が出ています。合格可能性が20%未満からミラクルな合格をしているにもかかわらず,進学先でも伸び続ける子が多いことがそれを証明しています。しかもその割合は80%です。何せ他の塾では絶対に真似できないようなところまで細かく分析しますから。

平均点以上の子を伸ばす事ができないなんて言いません。実際トップや満点を何人も出してきています。難関合格者も多数出してきています。どんな現状であれ,その子が伸びる,志望校に合格するために最上級の指導を目指すのがPHIの指導です。現状の指導で今後の見通しが立っていない方はご相談下さい。

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪