書けない子は受からない!受験に向けて徹底させるべき勉強法

書けない子は受からない!受験に向けて徹底させるべき勉強法

過去問はやればいいというものではない

中学受験の子はすでに過去問を実施している方もいることと思います。

もちろんPHIでも実施し始めています。

さてその過去問ですが,過去問はただ解けばいいというものではありません。

やはり実施した後にどうするかが大切になってきます。

今回はその過去問の実施法についてお話し致します。

「わからなかったから捨てた」=入試を捨てることになる

過去問を実施した時に,多いのは「わからなかったから捨てた」です。

年度の早い時期ならば,過去問の実施自体が初めてでしょうし,過去問は大抵今までの練習よりも難しめな問題が出ますので,手が止まってしまう事が多いものです。

しかしもし本番の入試で手が止まってしまったら…

そう,それはそのまま落ちる事を意味します

特に中学受験の子で手が止まるのは致命的です。

とにかく書き出して整理したりして手を動かす

これが出来ない子に合格はありません。

例えばこれ。

家で実施した過去問のノートですが,この子はテストの時にこの問題を捨てていました。

問題を解いた時の計算式を見ても何も書いていませんでした。

でもこの問題は大して難しい問題ではないのです。

そこで改めて授業にて目の前で解かせてみました。

その時のノートが上に載せたノートです。

線分図を描いて自分で整理して,結果的に解けています。

自分で書かせて整理させれば,これだけの事は自分でもできるのです。

私は隣で「図を書いて整理しろ。」としか言っていません。

それだけで,自分で答えまで導けてしまいました。

にもかかわらず,過去問や模試の時には同じようにチャレンジせずに捨ててしまうのです。

わからないからどうする?

多くの子どもは書かない理由を「だってわからないんだもん。」と言います。

でもなのです。

書かなきゃわかるわけがないのです。

とりあえず書いて整理して考える。

これが中学入試の解き方,特に公立中高一貫では必須とも言える解き方なのです。

そしてこの書いて整理する力

これは普段から練習していなければできるようにはなりません

いくら口で「とにかく書け」と言ったところで,普段やっていない子は全くかけません。

算数だけではなく,国語も理科も社会も英語もみんな一緒です。

書いて整理できない子は解けませんし,合格もできません。

よって過去問をやって何も書かずに解けていない,解いていない子には,とにかく何か書いて整理していく練習をするところから始めなければならないのです。

ここでは過去問実施の最低限押さえておきたい実施法について話しましたが,PHIでは子どもの性格やレベルに応じて実施法を細かく指導しています。

まだ過去問は手に付けていないと言う方も,始まってから実はできていませんでした,となると思わぬ落とし穴にはまる可能性があります。

入試本番で点数が取れるようにするためのツールとして有効活用できるように,今から「とにかく解くんだ!」という意識をつけさせてくださいね(^^)/

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪