なぜZ会やチャレンジの子は頭がいいのか?塾信仰の大きな誤解とは?

なぜZ会やチャレンジの子は頭がいいのか?塾信仰の大きな誤解とは?

こうして多くの面談をしていると,よく耳にするのが

「チャレンジやZ会といった通信教育しかやっていないのに,常に成績上位者がいる。」

という話。

子どもにもよく,

「塾に行ってないのに頭がいい人がいるのはなぜですか?」

と聞かれます。

しかしこれ、何も不思議でもないし、当たり前の事なのです。むしろ塾に行っていないから成績が伸びると言っても過言ではないでしょう。どういう事かといいますと,

そもそも勉強はどこですべきものなのか?

という事です。

塾に通わせている子は,大体週何時間ぐらい塾で勉強していますか?
家にいる時間とどちらが長いですか?

塾に通っている子は、塾に通っている時間が勉強時間になります。ところが、家に帰るとリラックスモードになる子も少なくありません。よって家で勉強しているとは言っても,塾での勉強の質には及ばないのです。

ところが,通信教育などで家でしか勉強していない子は,机が勉強するスペースとなります。つまり同じ家でも場所によってハッキリとモードを切り替えられるのです。よって結果的に勉強時間を多く確保できるから成績がいいということです。

もう一つ重要なポイントがあります。通信教育をちゃんとやっている子が伸びるのです。やっていない子は伸びません。誰でも伸びる訳ではないのです。言い換えると、ちゃんとやれる子は伸びるのです。つまり,塾に行ってないのになぜ成績がいいのか,というよりも,

塾に行っているから成績が伸びない!
家庭学習ができていないから伸びない!


とも言えるのです。

実際チャレンジやZ会といった通信教育はよくできていますよ。もちろんメリットあり、デメリットありですから最高の教材だとは言いませんが,ちゃんと自分でやれれば最高の教材です。塾に行かなきゃ成績が伸びない,というのは,バブル世代とその子世代が塾全盛期の時代に植え付けられた迷信なのです。

PHIが勉強のやり方を第一にして教えているのも同じ理由です。家庭学習こそが成績を伸ばす最大のポイントだからです。塾に来ても,本的には家でできる勉強のやり方を中心に教えます。同じことを家でもできるようになれば,成績の伸びにつながりますからね。

さて,もうそろそろ冬休みです。この短い冬休みをどう使うかは重要ですよ。特にこれから受験を迎える小4小5中2のお子様をお持ちの方は。残り一年を今のまま強引に押し進むのか,それとも勉強法を改善して逆転を狙うのか。まだ何とかなると思っていると,あっという間に入試が始まってしまいます。お子様の現状をよく見て判断してあげて下さいね。根本から改善したいという方は早めにPHIへご連絡下さい。勉強法の改善は一朝一夕でできるものではありません

無料で質問!無料で相談!

CTA-IMAGE PHIのLINE公式アカウントです。 タイムラインで子どもが賢くなる話題を配信しています。 質問・相談も無料なので,お気軽にご利用下さい(^^♪